サッカーのブログ記事

CHANNELFOOTBALL

|

カテゴリ:

「映画」ランキングサイトCHANNELCINEMA.COM管理人のブログなのにサッカーの日記ばっかりなのはどうにも違和感があったので、サッカー関連専用ブログCHANNELFOOTBALLを立ち上げました。

今後サッカー関連の日記はCHANNELFOOTBALLに書きますので、当ブログともどもよろしくお願いします!

敗因と

|

カテゴリ:

カターニャの森本がデビュー戦で初ゴール。
松井のルマンがマルセイユに勝利。
フランクフルトの高原が中田の欧州年間ゴール記録を更新。

などなどこないだの週末はヨーロッパでプレーする日本人選手が結果を出した。こういう活躍を耳にすると必ず脳裏をよぎるのが、
「なんでW杯ではダメだったのか?」
ってこと。
半年も経ってるのに未だにそんなことをウジウジ考えるのは、多かれ少なかれ僕もあのW杯で心にキズを負ったみたい。

ということで思わず金子達仁、戸塚啓、木崎伸也共著の「敗因と」を買ってしまった。いまさら振り返っても何にもならんのにねえ。

3人の(ほぼサッカー専門)スポーツライターが、それぞれワールドカップの敗因とそれにまつわるエトセトラを書いてる。

けっこうなボリュームだったけど一気に読めた。
読んでみると代表チームがいかにバラバラだったかがよく分かる。こんなにまとまりのないチームをわざわざドイツまで応援しに行ったのかと今更ながら悲しくなった。面白くてどんどん読めるけど後味が悪い一冊。映画に例えると「セブン」みたいな感じ。

内部崩壊の原因は「コミュニケーション」。

端的に言っちゃえばヒデvsその他のプレーヤーっていう構図が確かにあったみたい。
実際に見たり聞いたりしたわけじゃないから、本当のところは分からないけど、中田ヒデの話し方や態度には問題があった。
周りの選手もナイーブすぎて、ヒデの言葉の裏側を勘ぐってしまったらしい。
言葉を選ばない中田にも問題があるけど、言葉以上のものを感じてしまった周りの選手にも問題があったんだろうな。

この中田VS他の選手という図式がそのままチーム崩壊に繋がっていった。ホントにチームとしての一体感が全然無かったんだよね、結局。スタジアムで応援していてもチームとサポーターとの間にかなりの距離があったように感じたのは、チームが一つになっていなかったから。チームが一つになってないのにサポーターとチームが一つになれるわけない。
あのチームは日本を代表してなかった。サッカーが上手な23人を集めた日本選抜だ。

こうなり始めたのはアトランタオリンピックの頃だと思う。
前園とか中田が
「日本の為じゃなくて自分のために頑張る」
とか公然と言い放った時からすでに兆候があった。

それが結果的にチームの為になれば良いんだろって思ってるんだろうけどね。そう言い切られると応援する気なんかなくなるわな。
この辺もやっぱり言い方の問題なんだと思う。本音は自分の為って思っててもそれをそのまま口に出すか出さないかでチームやファンとのまとまり方が変わっちゃう。
戦術の考え、試合における自分のモチベーション、その辺の本音をバカ正直に言葉を選ばずに口に出せば思いは曲がって受け取られることもある。

意を汲む文化の日本人は相手の気持ちを慮るのは得意でも、自分の気持ちを伝えるのは下手なのかもね。
そう言う意味ではドイツワールドカップは日本サッカーを体現してたのかも(泣)

金子達仁の関連商品

戸塚啓の関連商品

木崎伸也の関連商品


サッカーとメタルと私

|

カテゴリ:

先週の土日は半年に一度のサッカー大会に参加したので早く日記書かなきゃと思いつつも、今週は精神的にも時間的にも余裕がなくて今日まで書けなかった。大会直後は書きたいことが山ほどあったのに、1週間経つと冷めちゃってるなー。

今振り返って一番思い出に残ってるのは打ち上げの牛角で食べたガーリックバターカルビ。
絶品でした・・・。

肝心のサッカーは極めて不調。毎度のことながら1日目はチームも個人的にも全くダメ。よくサッカー用語で「前半は寝ていた」とか言うけど、まさに「初日は寝ていた」って感じ。いや実際眠いのよ。4時30分に起きて8時30分に河口湖に集合して即サッカーの試合でしょ。そりゃ寝るわ。ということで2戦2敗。

で、2日目は初日の疲労がかなりきてたけど、動きは2日目のほうが良かった。初日の反省を活かして前線とバックラインの間延びを修正。もちろん相手チームの運動量が初日の相手と別物だったのが大きかったけど、多少功を奏して1勝1分。

今大会僕は無得点無アシスト。寂しいのう。

話は飛ぶけど、録画してあった先週のROCK FUJIYAMAをさっき見たらゲストがなんとスレイヤーのケリー・キングだった。スレイヤーってよく知らないけど、メタル界の大御所だってことは分かる。おふざけ番組だと思ってたらスゴイことになってるぞROCK FUJIYAMA。しかもケリー・キングかなり面白い奴だった。

ROCK FUJIYAMAのページ

つれづれとA3

|

カテゴリ:

今日は原宿の歯医者に定期検診に行った後、奥さんが麦わら帽子を買いたいというので、そのまま原宿をプラプラした。
帽子を探しながら僕もちょこちょこ店を見て回っていると、特に欲しいものはなかったはずのに、靴下、Tシャツ、カバン、ルコックのジャージを衝動飼いしちまった。3万くらい使ったんじゃないか。まあ最近買い物したなかったからこれぐらい良いだろう。それよりも結局奥さんの麦わら帽子が見つからなかったのが、ちょっと気が引けた。ワリーね、僕ばっかり。

中野に住んでいながらあんまり原宿には来ないので、せっかく来たんだしってことで、キルフェボンでタルトを食べた。40〜50分待ちだと言われたけど、久しぶりにどうしてもキルフェボンのタルトが食いたかったから、待ったさ。ラーメン屋の行列に並ぶのは信じられないけど、タルトだったら我慢できる。
二人でオレンジタルト、桃のタルト、フルーツタルトを食べたけど、ほんとうまいなーここのタルト。待ったかいアリ。1ピース500円〜800円くらいと高めの設定だけどそんくらいの価値はあるわ。

買い物も食い物も満足で、今日の最終イベントA3チャンピオンズカップを国立に見に行った。現代(韓国)VSガンバと大連(中国)VSジェフという、まことにもってどうでも良い2試合だけども、会社でチケットをもらったので、とりあえず観戦。

060805.jpg
摩天楼スタジアム
こういう地味ーな試合も喜び勇んで見に行って、サッカーフリークであることをアピールするからこそ、ワールドカップで1週間有休もらえたり、時には日本代表とかの重要なチケットももらえたりするわけです。まあそんな打算だけじゃなくて、純粋にちょっと見たい気持ちもあったけどね。奥さんはもちろん無関心。すんません。

国立に着くと既に試合は始まってたけど、全く慌てることなく席に。それよりもショックだったのは、イ・チョンスがベンチだったこと。はっきり言ってこの大会の目玉ってイ・チョンスくらいじゃないか? 試合は序盤はガンバが右サイドからの攻撃でリズムを作るもなかなか崩せない。徐々に現代のカウンターがハマり出す。現代は攻める数は少ないけど、4回攻めたら3回は決定機っていう感じだ。多分現代が強いって言うより、ガンバのディフェンスがやばい。ディフェンスラインが深い。宮本ライン下げ過ぎだ。今になって中田ヒデが怒ってたわけが分かった気がする。
で、現代の豪快なミドルシュートが決まって1−0。でもこの時点ではまだガンバが勝つんじゃないかと思ってた。ところがだんだんガンバはシュートも打てなくなり、現代に2点目を許すと完全にジ・エンド。
2−0になっていよいよイ・チョンスの出番はなくなったなーって思ってると、何故か後半スタートからイ・チョンス登場。金髪を黒髪に戻してたけど、金色のスパイクが目立って見つけ易かった。ああいうアピールって良いな。スター選手はスパイクの色を目立たせてほしい。今日はガンバの10番二川も赤のスパイクで目立ってたけど、10番スパイク対決は完全にイ・チョンスの勝利。後半45分だけの出場でハットトリック&1アシスト。3点目なんてDFに囲まれながらも華麗に抜きさって、スタジアム中から拍手が起こってた。ちなみに抜かれたのは日本代表キャプテン宮本氏。このままじゃやばいぞ宮本。元日本代表になっちまうぞ。
結局試合は6−0でガンバ完敗。日本のチームが韓国のチームにボロ負けしたんだからもう少し悔しいかと思ったけど、全然そんなことないね。むしろイ・チョンスの華麗なプレーが見られて楽しかった。ガンバサポーターのブーイングも極めて他人事だ。これをきっかけにリーグ戦でも調子を落としてくれることを切に願う。

2試合目のジェフの試合だけども、巻、佐藤勇人、羽生がベンチスタート。この時点でほとんど見る気が失せた。内容もジェフにしてはロングボールが多くて大雑把な試合だったので、大連が1点先制した時点で国立を出た。それにしてもジェフのサポーター増えたね。ナビスコ優勝したりオシムや巻で話題になったからかな?
ちなみにその後は巻が出場して2−2で引き分けたらしい。ああそうですか。

2006年6月17日から6月25日までドイツワールドカップ観戦に行きました。その詳しい旅行記は旅行ブログCHANNELTRAVELにて公開中です。

名義変更

|

カテゴリ:

今日はカズがゴール決めたな−。しかも柏相手に。ワールドカップメンバー発表まであと1ヶ月というところでエンジンがかかってきたようですな、キングカズ。
で、僕のワールドカップチケットは1年以上前に友達Tがとってくれたんだけど、僕の名義じゃなかったので、先週公式サイトで名義変更を申し込んだ。
名義変更は手数料10ユーロ。変更理由は
・家族、または配偶者への譲渡
・傷病
・ドイツへのビザが下りない
・ドイツへの渡航禁止が禁止されている
・不可抗力(戦争、地震、テロ、政治動乱、流行病、天災)
・死亡、または家族の死亡
しか認めていない。
1年以上前に買ったんだから、仕事上の理由とか他にもあるだろって思うけど、文句を言っても始らないから、傷病ということにして申請。
同意欄に「診断書を求められる場合があり、その際はすみやかに送付致します。」という項目があったけど、さすがにそれはありえないだろと思ってクリック。
・・・するとなんとメールが来ました。4月12日までに診断書をフランクフルトに送れと。マジかよ、ベッケンバウワー。生真面目にもほどがあるぞドイツ人。基本的には客商売ってことを忘れてるんじゃないか? テロリストやブラックマーケットを心配するのも大切だけど、悪人が本気になったらこんなもん簡単に突破するんだから、困るのは善人だけだよ。名義変更手数料10ユーロ、診断書をドイツに送付・・・。こっちはサッカーの試合が見たいだけだっつーの。
結局友達Tがヘルニアの診断書を手配してくれるとのこと。奴がドイツ語ペラペラで助かった。今さら試合見れなくなったなんて会社の人に言えないからなあ。

歓迎メール

|

カテゴリ:

KING KAZUのサイン!
KING KAZUのサイン!
毎日毎日たくさんの迷惑メールが来る。件名が、無修正画像ありますとか乱交パーティ参加費無料みたいにモロにそれと分かるメールだと即削除できるんだけど、最近は「おめでとうございます!」とか「当選のお知らせ」みたいに微妙な件名もある。で、こないだもノーカットなんとかの当選メールというのが来たので、さくっとゴミ箱行きにしようとしたら、よく見ると 「KINGカズ・ノーカットインタビュー記念プレゼント!当選のお知らせ」だった! 先日創刊したSTAR soccerという雑誌のカズのサイン入りTシャツプレゼントに当選したんだそうな。で、このメールをもらったのが2月末だったのに一向にTシャツが送られてこないから、これもある種の迷惑メールだったのか?なんて思ってたら、今日Tシャツが届いた。当たり前だけど確かにTシャツにカズのサインが入ってる。ということはこのTシャツはガンガン洗濯するわけにはいかない。着れないTシャツだ。こういうのってどうするのが正解なのかね。額に入れて部屋に飾るのが良いのかな。奥さんが許してくれるわけないけど。ということで皆様、月刊STAR soccer読んであげてくださいませ。

ベンゲルも凄かったが。

|

カテゴリ:

某デザイン雑誌編集長に勧められて「オシムの言葉」を読んで非常に感動した。 著者は旧ユーゴ・スラビアに詳しい木村元彦。
サッカーの名監督と言われる人はたくさんいるけど、チームを強くするだけじゃなくて、その国のサッカー文化を底上げしてしまう監督は少ないな。 選手、フロント、マスコミ、サポーター、サッカーに関わる全ての人の意識を向上させようとしてる気がする。レッズファンの僕がジェフの監督であるオシムに魅せられる一番の理由は、「オシム語録」という言葉も飛び出す程のひねりの効いたコメントが楽しいから。

でもこの本を読んで思った。自分の国が崩壊して、隣人が殺しあいをする悲惨な戦争に巻き込まれ、最後のユーゴスラビア代表監督になったオシムの言葉は単にウケを狙ったものじゃない。サッカーについて語っている時でも、サッカーを通して人生を語ってるんじゃないかって思える。憎しみあって(もちろんそうじゃない人もたくさんいて)バラバラになっちゃったユーゴスラビアのどの民族の人も偉大なサッカー監督と言えばイビチャ・オシムの名前を挙げるくらい有能で人徳のあるオシム監督。
全ての日本のサッカーファンは、そんな監督がJリーグに在籍してる幸せをかみしめましょう。

イビチャ・オシム関連商品

7万マイルの使い道

|

カテゴリ:

スターアライアンスのマイルが7万マイルあるんだけども、今年で1万マイル消滅しちゃうので、使い道を考えてました。
そしたらワールドカップの組み合わせが決まったので、ドイツへの往復航空券もらうことにした。
早速マイレージクラブに連絡すると、もう日本戦の前後の日のマイル優待席はもう埋まってるんだと。
しょうがないから、直行便はあきらめて行きはコペンハーゲン経由ミュンヘン行き。帰りはデュッセルドルフ発パリ経由成田行きという無駄に欲張りな経路になった。まあ、タダだから良いかと思ってとりあえず予約。直行便もキャンセル待ちさせてくれるらしい。
試合のチケットも友達が入手してくれたし、飛行機も確保済み。
あとは有休確保するだけだ。
・・・ってこれが一番の難関。来年はドイツ行きますよ−って会社で言いまくってるけど、みんな笑って本気にしてない。なんか今から気まずいな。

ところでマスコミでもさんざん言われてるけど、日本の対戦相手は、オーストラリア、クロアチア、ブラジル。そしてグループを突破するとイタリアとあたる可能性がある!この4国全てのリーグでプレーした唯一の日本人がキングカズ!
来たよ。これ。
なんかドイツが楽なグループに入るように仕組まれた抽選だったとか囁かれてるけど、僕に言わせリゃこの日本の組み合わせこそ仕組まれたものだね。カズの電撃代表復帰ですよ。これ。頼むよ、ジーコ!

日頃Jリーグばっかり見てるせいか、たまにヨーロッパとか南米のサッカー見るとレベルの高さに驚くけど、今日の日本代表(vsアンゴラ)にも驚かされた。
やっぱり代表ってすごいな。悔しいけど特にヨーロッパ組。得点こそロスタイムの1点だけだったけど、綺麗なパスワークに胸踊りました。
ジャパンサッカーはシャンパンサッカーだ!
しかもテレ朝の契約が終わったのか、今日の中継はTBSだったので見やすい見やすい。土井&金田>>>角沢&松木ということがはっきりしました。

なんてことはどーでもよくて、今日のビッグニュースはなんつってもハイロウズ活動休止。ひえー。これでブルーハーツ再結成とかになれば最高だけど、多分ならないだろうな。チェインギャングはおろか、もう14才もハスキーも聴けないのか。
最後のライブは今月5日に行われた中央大学文化祭ライブだったんだって・・・。

 1  |  2  | All pages

Profile CHANNELFOOTBALL

管理人

このブログは映画ランキングサイトCHANNELCINEMA.COMの管理人のブログです。
管理人プロフィール
HN:ドミノ
性別:男性
住所:東京都→京都府
職業:会社員(営業)
好きなスポーツ:サッカー
好きなチーム:浦和レッズ
好きな選手:三浦知良、ポンテ
好きな映画:グランブルー
好きなバンド:THE BLUE HEARTS
好きな俳優:寺島進、大泉洋
好きなTV:水曜どうでしょう
好きなマンガ:花男、じみへん
好きな動物:サイ、ホホジロザメ
好きな小説家:宮本輝
好きな食べ物:じゃがいも

みなさまのコメントお待ちしてます!!

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちサッカーカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはTVの感想です。

次のカテゴリは友達です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。