友達のブログ記事

結婚式のいいまつがい

|

カテゴリ:

中学の友人Sが結婚しまして。
すでにバリで挙式したとのことなので、日本では友達を集めてお祝いすることになった。
大原簿記の授業を午前中だけ受けて、新幹線で東京へ。

屋形船を貸し切って後輩も含めて30人弱で大騒ぎ。
2次会は六本木のFお店へ移動して朝まで。

途中でSが軽く挨拶することになった。
友達ばかりの集まりなのに、やや緊張のS。
酔っていたせいもあって、ちょいしどろもどろ。

つっかえつっかえスピーチが進み、なんとか締めの言葉。
おそらくSは
「二人を温かく見守って下さい」
って言いたかったんだと思う。

でも、緊張とアルコールが締めの言葉をこう変えました。
「二人をなま温かく、見送って下さい」

・・・見送るってまるで死んじゃうみたいじゃないか。
結婚パーティーなのに縁起でもない。

ま、見送るのはやめておくけど、なま温かく見守るとしますか(笑)

東京で乾杯!

|

カテゴリ:

今週末は東京で小学校からの友達Aの結婚式。
彼は最初はサッカーチームに入ってたけど、1,2年でサッカーには全く顔を出さなくなったのでチームメイトではないかな?
ま、サッカーでの思い出はほとんどないけど、スノボ旅行にはよく行ったなー。軽井沢とか新潟とか北海道とか。良い思い出だ。

あとはなんと言っても僕らの結婚式の司会をやってくれました。
幼なじみ連中では最初に結婚式を挙げたから、みんな手探りで一生懸命に協力してくれた中でAが一番頑張ってくれた。Aはそういうイベントを企画するのが好きみたいで、新郎新婦にサプライズな企画も色々用意してくれてました。感謝してます。

でもって、Aの結婚式。情に厚いAだからどこかしらで涙するとは思ってたけど、あんなに号泣するとは思わなかった(笑)
それは、新郎に内緒で行われたある企画の時。
司会の人が「ある方からの手紙」を読み始めた。新郎も会場も誰からの手紙だろうと思いを巡らせる。手紙が読み進まれるにつれて、だんだんそれが花嫁からの手紙だと分かってくる。その辺からもう泣きっ放し。思わずこっちももらい泣き。

こういうサプライズには弱いよなあ。俺は自分の結婚式は花嫁が泣くのは絵になるとしても、新郎が泣くのはかっこ悪いと思ってたからずっとこらえてた。まあ、みんなには泣いてたと言われるけど、今でもギリギリ泣かなかったと思ってる。
俺の時もサプライズで花嫁からの手紙が読まれて、この時がかなりやばかったな。
で、そのサプライズを企画したのはAなんだけどね(笑)
まさか自分の時にこんなサプライズがあるなんて思ってもいなかったんだろうなあ。

ウチの幼なじみ連中はシャイな奴が多い(大将を除く)。あんまり感情を表に出さないというか。だけどAはちょっと異質だな。地元以外にも友達が多いからかな?いろんなことに前向きに挑戦してるし喜怒哀楽が激しい(怒はあんまりないか)。
そういうところが良いんだよなAは。実は社会人になりたての頃はAみたいになりたいって思ってたんだよね俺。そのおかげで色々人生楽しめるようになったんだって思うんだよね。だからホントAには感謝&尊敬してるんだよ。
照れくさくて言えないけど。シャイだから(笑)

末永くお幸せに!

はい写真撮るよー
はい写真撮るよー

三沢光晴さん永眠。

|

カテゴリ:

タイに住んでるプロレス好きのバグロウから先週の木曜に連絡があった。
「水曜日発売の三沢追悼の記事が載った週間プロレスを送ってくれ」とのこと。

翌日会社帰りに本屋に寄ったけど3軒とも売り切れ。おそるべし三沢人気。
土曜も河原町で探したけど全滅。
ほぼ諦めて今日三条烏丸の大垣書店に行ったら大量に在庫があった。
急遽増刷されたらしい。
おお!僕自身は全く興味がないけど探してるものが見つかって無性に嬉しかった。

パラパラ中身を見てみると緊急追悼特集号が20日(土)発売予定と書いてある。
じゃついでにそれも買ってやるかと思い探したけど、それは在庫無し。
店員に聞いたら昨日入荷したけど瞬殺だったらしい。まあこれも多分増刷があるんだろうけど、ホントに人気者だったんだな、三沢選手。

プロレスは全く興味ないけど、散々探した苦労もあって三沢さんの人気ぶりを思い知ったのでちょっと中身を読んでみた。

スゲエなって思ったのは、三沢選手に最後のバックドロップをかけた齋藤選手。結果的に自分の手で恩師を死なせてしまった状態で、引退も考えたようだがすぐに試合に出た。
それはリングに上がり続けることが三沢選手の遺志を継ぐことだと考えたからだ。
立派だと思う。誰よりも辛いはず。心ない人からの嫌がらせもあったらしい。三沢選手は亡くなってしまったが、彼の遺志は多くの人に引き継がれている。多くのモノをこの世に残した。どんな実績があったのかは知らないけど、週間プロレスに載っていた関係者のコメントを見ればいかに偉大だったかが分かる。

タイに住んでるバグロウの心の中で眠っていたプロレス愛も呼び覚ました。
そしてスポーツはサッカーしか知らない僕も巻き込まれた。
三沢光晴さん凄い人だったんですね。
ご冥福をお祈り致します。

昼休みの友達

|

カテゴリ:

友達のYURIが出張で京都に来ていて、今日の昼休みにウチの会社に寄ってくれた。
さくっとラーメン食べてちょっと散歩して、久々の対面なのにわずか40分くらいでバイバイしたけど楽しかったなー。

ラーメン後に壬生寺までぶらぶら散歩した時に、新撰組が八木邸に留まることになった経緯をYURIが面白おかしく説明してくれた。
江戸時代の出来事をまるで昨日自分で見てきたかのような話しっぷりに笑った笑った。

仕事モードから友達モードには簡単に切り替えられたけど、爆笑の後に午後の仕事モードに戻るのは大変だったな。

忙しい合間を縫って訪ねてきてくれる友達。最高っす。何故か自分の出身校でもないのに落合二中の卒業生で京都で会った友達は3人目だ。

今日YURIと話しててつくづく感じたのはO型の出たとこ勝負な性格って凄くステキっすね。ウチの奥さんもN男もO型。血液型で人を決めつけるのはどうかと思うけど、やっぱ多少は関係あるんじゃないかね。そう思いました。

NUMB上洛

|

カテゴリ:

高校時代の友達NがNUMBっていうハードコアバンドをやってます。そのNUMBが昨日ライブで京都のWHOOPEE'Sというライブハウスに来た。今週の三連休は帰省する予定だったけど、急遽キャンセル。Nに会いに行った。
Nに会うのは約2年ぶりで、その間にNは経営していた会社が倒産したり、腕にTATOOを入れていたりで激動してたけど、中身はなーんも変わらん。

久々に会っても、会った瞬間に昔に戻れる友達って良いなあ。お前変わっちゃったなっていう友達がいないのは幸せだ。いや、もちろんみんな良い意味で成長してるけどね。NUMBのメンバーは僕がよくライブを見てた頃とけっこう変わったけど、新しいメンバーも良い奴ばっかり。ま、新しいっていっても僕にとって新しいだけでみんな長いことNUMBやってるわけだけど。ボーカルのSも相変わらず最高に面白い人だった。

昨日のライブは9バンド出演でその内僕が知ってるのはNUMBを含めて3バンド。3バンドとも10年以上のキャリア。ハードコアバンドって何百キロの遠距離を車ですっ飛ばしてほとんど寝ないで日帰りするような過酷なライブが多いのに、歳をとっても続けられるのはほんとにハードコアが好きなんだなーって感じる。

9バンドも出たもんだから16時頃に始まったライブが全部終わったのは23時過ぎ。ほとんどのバンドを見たけど、贔屓目抜きでNUMBが一番カッコ良かったなあ。今まで見た中でも一番カッコ良かったかも。Sは普段はふざけてばかりだけど、ライブ中のパフォーマンスはスゲエカッコいい。USAツアーでスケールアップしたのかな?周りにいたお客さんも「NUMBが凄い楽しみ」って言ってたのが、ちょっと誇らしかった。

それにしてもNUMB(ハードコア)をはじめとして、WINO(POP)とかGIANTPANDA(HIPHOP)とか音楽の才能がある友達が多いなあ。残念ながら全く僕は影響を受けなかったけど。

WHOOPEE'S OFFICIAL WEBSITE

東京でおめでとう

|

カテゴリ:

チームメイトのまなぶの結婚式がありました。もちろん式場は東京!久しぶりに再会する友人と花の都大東京!
実は先々週に東京出張があったので微妙に行ったばっかりではあるけど、出張の時は会社を往復しただけなので実質的には7ヶ月ぶりの東京だー。

東京駅や新橋の人の多さにやや戸惑った。ついこないだまで住んでたのに、もう東京は僕の街ではないんだな。
式場に受付開始の30分以上前に到着。気合い入り過ぎ。

当然仲間内では一番乗り。しばらく待合室にいると続々懐かしい顔が。
おお!久しぶりって一瞬思ったけど、つい半年前まで毎週会ってた奴らだから案外久しぶりって感じもしなかったな。
東京って街は既に過去形になりつつあるけど、友だちはまだまだ現在進行形。

結婚式は
人前式+披露宴が和食のレストランウェディング「響 風庭
2次会+3次会が西麻布のスタジオがくっついたバー「The BARON

レストランの料理がえらく美味しくてねー、大嫌いな茶碗蒸しも全部食べちゃったくらい美味しかった。あと刺身。これがまた美味しくて・・・ま、それはどうでもいいか。

僕も含めて仲間内の結婚式は5人目くらい?小学校からの付き合いの友達の結婚式はまなぶが初めてか。ともあれ子供の頃から知ってる友達の結婚式に出ると、みんな大人になったなあっていつも思うね。あのまなぶが親戚、友人一同の前で堂々と挨拶するわけですよ。ウチの大将のスピーチも回を増すごとに腕上げてるし(それにしても、大将あと何回スピーチしなきゃならんのかね。)。良い意味でみんな大人になった。昔も懐かしいけど、今の関係も非常に心地良い感じ。

で、違った意味での大人になるってことをF田が教えてくれました。
2次会ではサッカチーム以外の同級生も数人来て、10年ぶりーみたいな奴もいてそのうちの一人のK太のおでこ前線がけっこう後退してまして。
視線が上に移ってしまいそうになるのを何度もこらえながら、そのことには触れずに話していると、横からF田がやってきて、おもむろに
「おーK太、久しぶり!かなりきてるなー(大爆笑)」
大笑いしながら彼の髪をわし掴みにしてシャンプーするかのようにゴシゴシしちゃった。
そして
「大人になったなー(大爆笑)」
と締めくくった。

そうか大人になるってこういう使い方もあるのね。妙に感心してしまった。
で、何故かK太もその表現が気に入ったらしく、えらく喜んでた。
・・・いや、君喜んでる場合じゃないよ。怒ってもいいとこなんじゃないの。

そんな感じで良くも悪くも大人になった僕たちだけども、年々チームには若い後輩が入ってきていて、一番若い後輩は10歳以上離れてる。僕らが失ってしまった勢いを爆発させて2次会を盛り上げてくれた。

そんな若手連中のちょっとした出し物?にはかなり笑わせてもらったけど、何故かまなぶにはこれがグッときたらしく、ここでまさかの涙を見せた。
え、ここ笑うとこなんじゃないの?両親への花束贈呈や締めくくりのスピーチではちっともそんなそぶりを見せなかったのに、ここで泣くか。
火垂るの墓で泣かずにガキの使いで泣いてるようなもんですよ。

でも主役が感激してくれるなら、どこで泣いてもいいわな。
ほんと結婚式って良いな。僕自身も6年前の結婚式はこれまでの人生で一番良い思い出。どれだけ嬉しいかよく分かる。

次は誰かなー。

東京よりの使者

|

カテゴリ:

高校時代の友だちMが大阪出張の帰りに京都に寄ってくれました。

定時を過ぎて仕事を切り上げようとしたら、突如打ち合わせ。しかもディレクターズカットばりのロングバージョン。19時半頃会社を出て、歩いて10分もかからないところもバスに乗って猛ダッシュ。Mは21時34分京都駅発の新幹線の終電で帰るからなにしろ時間がない。

西院のマックに入るとMが待ってた。東京から遠く離れたこの場所で、高校の友だちが待っていた事が凄く不思議な感じがして嬉しかった。興奮して最初の30分は僕がしゃべりっぱなし。僕が寂しがってるって人づてに聞いて、出張の帰りに寄ってくれたらしい。社会人になってからは1年に1回会うか会わないかだったけど、会いに来てくれてすげえ嬉しかったなあ。やっぱ友だちってイイもんだ。大切にしなきゃ・・。

10年越しのお墓参り

|

カテゴリ:

高校、大学時代を一緒に過ごした友人「みっちゃん」が就職した年の9月に亡くなって10年経った。
彼の世田谷の実家には毎年お線香をあげに行ってたけど、お墓はご両親の実家の岡山県にあるので今まで一度も行けていなかった。

今年は京都に引越ちゃったのでお線香あげられないなーって思ってたけど、よく考えたら岡山がけっこう近い。ということで初めてお墓参りに行くことに。

岡山県笠岡市に住んでいるみっちゃんのおじいちゃん、おばあちゃんにコンタクトをとってお伺いすると、みっちゃんのお母さんが迎えてくれた。僕がお墓参りに来るのに合わせてわざわざ東京から来てくれたとのこと。なんか逆に申し訳ない。

おじいちゃんの家はテレビに出てきそうないわゆる「田舎のおじいちゃんの家」広い日本建築で池がある庭付き。岡山のおいしいブドウやらお寿司やらをご馳走になった後お墓に。

家からちょっと山を登ったところにあるお墓はとてもいい見晴らし。一番最初にお線香をあげさせてもらった。みんなが僕の後の順番待ちをしているのは分かっていたけど、かなり長い間みっちゃんに話しかけた。彼が亡くなってから10年も経ってしまい、みっちゃんと過ごした時間よりも長い時間が過ぎてしまったわけだけど、お墓に向かってみっちゃんに話しかけたら涙が出てきた。これ以上話しかけてると号泣しちゃうと思って、奥さんに順番を譲った。

お墓参りって誰の為に、何の為にあるんでしょうね。僕は去年おじいちゃんと妻のお父さんが亡くなるまでお墓参りとはほとんど無縁だった。お墓参りをする人は何を求めてるんだろう。あるいは故人が何かを求めてるんだろうか。それとも単なる習慣?
誤解のないように書いとくけど、お墓参りを否定してるわけでもなんでもないです。ただそこにどんな意味があるのか、いまいちピンときてなかった。

でも10年経って初めて友人のお墓参りをして少し分かった。お墓に向かってみっちゃんに話しかけてると、ちょっとだけみっちゃんに会えた気がしたんだよね。返事はしてくれないけど確かに彼に向かって話が出来た。僕の一方的な思い込みかもしれないけど、確かに話せた。
よく、こっちが聞いていようと聞いていまいと一方的に自分のことしゃべる人がいるでしょ?ああいう人って相手に向かって話せればすっきりして満足するんだと思うんだよね。例えは悪いけどそんな感覚なんじゃないかと思う。みっちゃんに聞こえてるのか聞こえてないのか知らんけど、確かに僕はみっちゃんに話しかけた。今はそれだけで満足です。

みっちゃんのおばあちゃんが、今度は泊まりで来て下さいって誘ってくれた。まあ額面通りに受け取るつもりはないけど、京都に住んでる間はちょいちょい会いにこれたら良いと思う。

お墓からの眺め
みっちゃんのお墓から

バンコクよりの使者

|

カテゴリ:

先日大阪で会ったLA在住の友人Kは、京都に引っ越してきて初めて会う友人でした。で、今週末は2人目の友人BUG-LAWが家を訪ねてきてくれました。彼はタイのバンコク在住。

東京から京都に引っ越して友達がいなくて寂しいと思ってたけど、KやBUG-LAWに比べればまだまだスケール小さいな。引っ越して寂しくなり始めた頃にインターナショナルな二人に会えて良かった。

BUGとは僕の奥さんと3人でイタリアや沖縄に旅行するくらいの仲だから、まーったく気を遣わない。
関空に早朝について9時半頃に太秦の我が家に到着。しばし歓談した後、久々に再会した彼をほったらかして会社のフットサルに行ってしまいました。

フットサル後、先斗町で合流。観光客丸出しで鴨川の川床フレンチレストランへ。意図的なのか手際が悪いのか、料理が出てくるのが異常に遅くてヨーロッパばりのスローフード。3時間くらいかけてディナーを楽しんだ。

日曜はまたまたベタに高台寺、清水寺、洛匠(甘味処)なぞを観光。夜は寺町丸太町の中華料理屋「マダム紅蘭」。これがめちゃくちゃうまい。こんどちゃんと旅行ブログに書きますが、これぞ京都の中国(意味不明)。

先週金曜日にようやく奥さんが本格的に引っ越してきて、土日は友人が来て、今までしばらく寂しい一人暮らしだったのに突然にぎやかな週末になって楽しかった。
それだけにBUGが去った今日はなんか寂しい・・。
奥さんが東京から週末だけ遊びに来てた半年間も、東京に帰っちゃった月曜の夜はつらかったなあ。
今回はBUGは去ったけど、奥さんが残ってくれてるから安心安心。

また誰か来ないかなー。

GIANT PANDA JAPAN TOUR

|

カテゴリ:

小学校時代の友人「K」がLAでGIANT PANDAっていうHIP HOPグループやってます。そのGIANT PANDAが日本ツアー中で、昨晩大阪でライブがあったので仕事後に駆けつけた。

ライブ会場はITOI(EYE TO EYEね。イトイではない)というクラブ。クラブ・・。一体何年ぶりだ。社会人になってからは初めてか?23時頃心斎橋の現地到着。若干緊張気味で入口へ。日本に来てから「K」と連絡が取れていなかったので、とりあえずおそるおそる受付で
「GIANT PANDAのゲストリストに入ってると思うんですけど」
と告げると、やや間があって
「ああ、ありますよ」
ほっと一安心。
「彼は中にいますか?」
「いや今いないと思いますよ。メシかなんかじゃないですか」
一旦外に出て途方に暮れる。
Kの連絡先は日本に住んでた頃のケータイ番号しか知らんし・・。ダメ元で東京のE治に連絡したら、日本滞在中のKのケータイ教えてくれた。

早速電話・・・全然出ない。かなり長い呼び出しの後、寝ぼけた声で
「・・もし、もし・・」
なんと彼、寝てました。ライブ3時間前に。まあ連日夜中のライブが続いてるからね、ちょっとでも時間があったら寝るんだろうな。
ちょっと時間をつぶしてKを待った。0時頃K到着。久しぶりすぎる再会。僕の結婚式以来かもしれない6年ぶり??

白髪も増えて、LAに行ってから慢性鼻炎を患ったというKは随分と鼻声だったけど、それ以外は何もかわらない。京都に引っ越してきて初めて会う友人がLA在住の友達とはなんともインターナショナル。

大阪だというのに、Kは友達がいっぱいでLAの友達やら大学時代の友人やら友人の友人やらで人気者。ステージに立ってるだけあって社交的だから友達も多いんだな。
なもんであんまり昔話に花を咲かせる余裕もなかったけど、束の間の会話が楽しかった。

肝心のライブは2時30分頃スタート。これがまた友人であることを差し引いて客観的に見てもかなりイケてる。HIP HOPのライブを見るのは初めてだったけど、かなりアゲアゲなHIP HOP。ジャケのイメージから、もっとメロウな感じかと思ったけど、JUMP!JUMP!って煽ったりSing alongしたりで、ちょっとハードコアのライブに通じるものもある。KはDJ兼MCで基本的にはDJブースにいるんだけど、そこでもかなりノリノリに動く。フロントマンだけが動くんじゃなくて、DJも一緒にダンスして3人の一体感があってひじょーにイイね。
あまりの爆音でラップがよく聞きとれなかったけど、ノリは体感できた。

最新アルバムのELECTRIC LASERを家に帰って聞いてみたら、ライブとはまた随分違う雰囲気で。確かにライブでやった曲と同じ曲なんだけど、CDで聞くと随分落ち着いていてオサレな雰囲気。ライブは勢い、CDは聴かせる、なかなか良いんじゃないでしょーか。Kの日本語ラップも相当イイと思う。

日本で有名なHIP HOPっていうと誰?
ドラゴン・アッシュ?THA BLUE HERB?ケツメイシ?ユーザロック?
あんま詳しくないけどちっとも負けてないと思うよ。いやーブレイクしてほしいね。本人は売れ線は狙わねえとか言ってたけど、売れないより売れたほうがいいっしょ。

ということでみなさんGIANT PANDA要チェキラ!(古い?)
↓下のアイコンクリックするとiTunesのGIANT PANDAのページに飛びます。
Giant Panda

↓GIANT PANDA所属のtres recordsのサイト
www.tresrecords.com

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages

Profile CHANNELFOOTBALL

管理人

このブログは映画ランキングサイトCHANNELCINEMA.COMの管理人のブログです。
管理人プロフィール
HN:ドミノ
性別:男性
住所:東京都→京都府
職業:会社員(営業)
好きなスポーツ:サッカー
好きなチーム:浦和レッズ
好きな選手:三浦知良、ポンテ
好きな映画:グランブルー
好きなバンド:THE BLUE HEARTS
好きな俳優:寺島進、大泉洋
好きなTV:水曜どうでしょう
好きなマンガ:花男、じみへん
好きな動物:サイ、ホホジロザメ
好きな小説家:宮本輝
好きな食べ物:じゃがいも

みなさまのコメントお待ちしてます!!

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち友達カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはサッカーです。

次のカテゴリは国内旅行です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。