宮下奈都著「太陽のパスタ、豆のスープ」

| コメント(0) | トラックバック(0)

いやあ・・。つまらなかったです。
なかなか物語が転がっていかなくて、いつになったら面白くなるんだろと思いながら読み進めていったんだけど、結局最後まで何の展開も無く終わってしまいました。辛いことがあった主人公の心の動きを丁寧に描いたということなんだろうけど、丁寧すぎて非常に退屈。
ハリウッド映画みたいに爆弾が爆発したり、怪獣が街で大暴れする必要は無いけど、さすがにお話なんだからもうちょっと展開してくれないと。
結局ウジウジ悩んで大したことはなにもしない主人公のお話です。
ま、女性には多少受けるのかもしれないですね。
この本を面白いという人の意見が聞いてみたいです。
解説には『絶対オモシロイ」と書いてあるけど、その解説もこの本のどこを褒めていいのか分からないから、どこかごまかしている感じでした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.channelcinema.com/mt/mt-tb.cgi/3040

コメントする

Profile CHANNELFOOTBALL

管理人

このブログは映画ランキングサイトCHANNELCINEMA.COMの管理人のブログです。
管理人プロフィール
HN:ドミノ
性別:男性
住所:東京都→京都府
職業:会社員(営業)
好きなスポーツ:サッカー
好きなチーム:浦和レッズ
好きな選手:三浦知良、ポンテ
好きな映画:グランブルー
好きなバンド:THE BLUE HEARTS
好きな俳優:寺島進、大泉洋
好きなTV:水曜どうでしょう
好きなマンガ:花男、じみへん
好きな動物:サイ、ホホジロザメ
好きな小説家:宮本輝
好きな食べ物:じゃがいも

みなさまのコメントお待ちしてます!!

この記事について

このページは、ドミノが2016年2月13日 13:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「念願叶ったか」です。

次の記事は「大宮エリー著「生きるコント2」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。