サッカー本のブログ記事

えのきどいちろう著「サッカー茶柱観測所」を読んだ。 斜に構えて批判的なサッカーライターが多い中で、ポジティブでサッカー愛に満ち溢れた文章を書くえのきどいちろうさんが大好きです。 着眼点、展開力、文章表現、全てにおいてやっぱりプロって凄いなあって思う。僕もブログでサッカーに対する想いを文章にしてるわけだからアマチュアのライターなわけだ。サッカーで言えば僕は草サッカー愛好者で、えのきどさんはレッズのポンテみたいなもんだ。ええー、そこにパス通すか?みたいなコラムばっかり。

もちろんそんなレベルの差は当たり前のことでね。大して悔しくもないんだけど、一番嫉妬を感じたのはえのきどさんのサッカーに対する愛情の深さ。ライターに文章で勝てないのはともかく、サッカー愛でもえのきどさんに勝てそうもないのは悔しいなあ。でも悔しいけど嬉しい。サッカーが大好きな人の話はとっても幸せな気分になれますねえ。

最初にも書いたけど最近ネガティブなサッカーライターって多いでしょ。年間200日以上の海外サッカー取材を誇るとかってライターは海外サッカーがいかに素晴らしいか語っていれば良いと思うわけです。そういう年間165日未満しか日本にいないライターにJリーグの批判されても素直に耳を傾けられないよ。例えばその人は年に浦和レッズの試合を何試合見に来てるんだろうか?2,3試合?ゼロ?まあ何試合でもいいけど、埼スタに数回しか来たことない人に、ちょっとクラブワールドカップの試合を見ただけで、レッズサポーターの応援は全然ヨーロッパ基準じゃねえとか言われても反感買うだけ。サッカーチームに限らず誰でも好きなものを、詳しく分かってない人に批判されたくないでしょ。批判するならそれなりの覚悟と準備が必要なのに。スペインやイングランドのサッカーが好きならその素晴らしさを伝えれば良いじゃない。何もJリーグを貶める必要なんてないじゃない。リーガエスパニョーラもJリーグもどっちもスゲーで良いじゃん。一度自分の体を動かしてサッカーをやってみて欲しい。サッカー愛が足りないんじゃないかって思います。

そこへいくとえのきどさんは、サッカーの面白さを余すところなくというか誇張してるんじゃないかと思うくらい目一杯伝えてくれる。えのきどさんにかかるとJ2の試合でもエル・クラシコばりに白熱した試合になる。とにかくサッカーを見に行くたびに
「もの凄い試合を目撃してしまった」
となる。
僕は正直えのきどさんほどサッカーを愛してるか自信がない。しかも驚くのはえのきどさんは全然サッカー専門のライターさんじゃないってことだ。大部分を占めてるわけでもなく、むしろサッカーはえのきどさんのほんの一部らしい。それでも僕の全力投球のサッカー愛はえのきどさんにかないそうもない。あとがきの山田五郎さんの言葉を借りればライターっていうのは好きになる力のことらしい。
僕はこのサッカー茶柱観測所を読んで強くそう思う。僕の文章力はえのきどいちろうさんに遠く及ばないけども、本当に差があるのは、サッカーを好きになる力なんだと思う。

これからもえのきどさんはサッカーだけじゃなく野球やホッケーといろんなものをさらに好きになっていくだろう。僕はせめてサッカーを好きになる力だけはえのきどさんに離されないようにしたい。

ちなみにこの本を読んで知ったのですが、えのきどいちろうさんは僕の高校、大学の先輩でした。えのきどさんもオコシの地学とかショウジの古文とか習ってたのかと思うとなんかすっごい親近感。いつかサッカー場で出逢ったら話しかけてみたいと思う。

日本人よ!

|

カテゴリ:

イビチャ・オシム著「日本人よ!」を読んだ。 サッカーにあんまり関心がない会社の上司が貸してくれた。サッカーに関心のない人にとっても日本代表監督というのは注目の的になるんですね。 思えば最近オシムの本多いもんな。ジーコやトルシエもいっぱい本出てたなあ。

オシムのことは結構尊敬しているのでそういう商業主義にちょっくら乗っかってみるか、みたいな姿勢はちょっと残念だけども、なかなか面白い本でした。

基本的にはサッカーについて書いているんだけど、タイトルが「日本人よ!」というだけあって、サッカーを例えにして日本人の良いところ、悪いところや人生について語っているようでもある。

会社の上司から借りたせいもあるけど、オシムが自分のボスだったらどうだろうとちょっと考えちゃう。本の中でオシムは
「一度や二度のミスは良い。三度はダメだ。なぜなら学習してないから」
と言ってる。
三度目はダメというのがなんだかとっても怖いけど、オシムがダメと判断したらどういう行動に出るのか?
ふと思えばオシムジャパンが発足した時は小林大悟や中村直志、栗原勇蔵などこれまで注目されていなかった選手が抜擢されて驚いたけど、今も代表に残ってる選手は少ない。
多分三度目のミスをやらかしたんでしょう。
・・・日本代表監督としてはすごく良いけど、自分のボスにはノーサンキューです。

あと、心に残ったのはマスコミもプロフェッショナルであれ、という章。
そこでオシムはマスコミの影響力の大きさを説いてる。
サポーターはスタジアムやテレビでサッカーを見た直後は誰もがそれぞれの感想や意見を抱く。けれども翌日になって新聞記事を読むと、その記事が自分の意見と違っていたとしても、プロのジャーナリストの意見の方が自分の意見よりも正しいと思ってしまう。
実際にはサポーターの意見が正しいかもしれないのに。

だからこそマスコミはしっかりせい!とオシムは言っているのだが、僕はだからこそ僕達サポーターは自分自身が感じたことを大切にしていくべきだと思った。そしてマスコミの情報を含めて色々な人達と意見交換をしてサッカーに対する考えを深めていくべきだ。そうすることによって日本のサッカー文化がちょっとずつ良くなっていく。

多くの人の意見に耳を傾け自分の考えをしっかり発信する。
それが出来るのがこのブログだと思う。

これからも僕はこのブログで自分の感じたことを素直に書いていきたい。そして出来れば多くの人にそれを読んでもらって感想や意見を聞かせてもらえたら嬉しいです!

敗因と

|

カテゴリ:

カターニャの森本がデビュー戦で初ゴール。
松井のルマンがマルセイユに勝利。
フランクフルトの高原が中田の欧州年間ゴール記録を更新。

などなどこないだの週末はヨーロッパでプレーする日本人選手が結果を出した。こういう活躍を耳にすると必ず脳裏をよぎるのが、
「なんでW杯ではダメだったのか?」
ってこと。
半年も経ってるのに未だにそんなことをウジウジ考えるのは、多かれ少なかれ僕もあのW杯で心にキズを負ったみたい。

ということで思わず金子達仁、戸塚啓、木崎伸也共著の「敗因と」を買ってしまった。いまさら振り返っても何にもならんのにねえ。

3人の(ほぼサッカー専門)スポーツライターが、それぞれワールドカップの敗因とそれにまつわるエトセトラを書いてる。

けっこうなボリュームだったけど一気に読めた。
読んでみると代表チームがいかにバラバラだったかがよく分かる。こんなにまとまりのないチームをわざわざドイツまで応援しに行ったのかと今更ながら悲しくなった。面白くてどんどん読めるけど後味が悪い一冊。映画に例えると「セブン」みたいな感じ。

内部崩壊の原因は「コミュニケーション」。

端的に言っちゃえばヒデvsその他のプレーヤーっていう構図が確かにあったみたい。
実際に見たり聞いたりしたわけじゃないから、本当のところは分からないけど、中田ヒデの話し方や態度には問題があった。
周りの選手もナイーブすぎて、ヒデの言葉の裏側を勘ぐってしまったらしい。
言葉を選ばない中田にも問題があるけど、言葉以上のものを感じてしまった周りの選手にも問題があったんだろうな。

この中田VS他の選手という図式がそのままチーム崩壊に繋がっていった。ホントにチームとしての一体感が全然無かったんだよね、結局。スタジアムで応援していてもチームとサポーターとの間にかなりの距離があったように感じたのは、チームが一つになっていなかったから。チームが一つになってないのにサポーターとチームが一つになれるわけない。
あのチームは日本を代表してなかった。サッカーが上手な23人を集めた日本選抜だ。

こうなり始めたのはアトランタオリンピックの頃だと思う。
前園とか中田が
「日本の為じゃなくて自分のために頑張る」
とか公然と言い放った時からすでに兆候があった。

それが結果的にチームの為になれば良いんだろって思ってるんだろうけどね。そう言い切られると応援する気なんかなくなるわな。
この辺もやっぱり言い方の問題なんだと思う。本音は自分の為って思っててもそれをそのまま口に出すか出さないかでチームやファンとのまとまり方が変わっちゃう。
戦術の考え、試合における自分のモチベーション、その辺の本音をバカ正直に言葉を選ばずに口に出せば思いは曲がって受け取られることもある。

意を汲む文化の日本人は相手の気持ちを慮るのは得意でも、自分の気持ちを伝えるのは下手なのかもね。
そう言う意味ではドイツワールドカップは日本サッカーを体現してたのかも(泣)

金子達仁の関連商品

戸塚啓の関連商品

木崎伸也の関連商品

龍時03-04

|

カテゴリ:

シリーズ第三作「龍時03-04」を読んだ。

二作目があんまり面白くなかっただけに、今回はあまり期待してなかったけど、一作目のような面白さがあった。
今回の舞台はアテネオリンピックで、テーマは「監督とキープレーヤー」。平義監督の人物像が丁寧に描かれていて感情移入しやすかった。まあ監督と奥さんとの秘密は「そんな馬鹿なー」って思わなくもなかったけど、そんなささいなことには目を瞑れるくらい面白い。実際のオリンピックでは選考から漏れた鈴木啓太(浦和レッズ!)もしっかり登場するのも最高。ただ、目次を見た瞬間に日本がどこまで勝ち進むのか分かっちゃうのは勘弁してほしかった。「どうせ勝つんでしょ」っていう前提で読んじゃうから。

作者の野沢尚が自殺してしまった為、この三作目が最終話になってしまったのは本当に残念。文中で平義監督と選手達は長いつきあいになりそうだっていう表現もあったように、おそらくこれから龍時と平義監督はA代表に入ってドイツあるいは南アフリカで大暴れしたはずなのに。巻末の中西哲生との対談では龍時の引退後の人生も描きたいって言ってたのに。しかも自殺の10日くらい前に行われた対談で。やっぱり自殺って一種の発作なんだな。ほとんどの時間は死のうなんて考えてないはずなのに、一瞬急激にそういう気持ちになっちゃうんだろうね。こういう才能に恵まれた人にしかわからない悩みってもんがあるんだろうけど、せっかくの才能がもったいない。日本サッカー文化の発展に貢献していけたはずなのに。・・残念だ。

ちなみにこの本を読んで知ったんだけど、スター選手の周りで働き蜂のように動く選手のことをドイツ語でバッサ・トレーナーというらしい。直訳すると水を運ぶ人。そういえばドイツW杯に選出された日本代表メンバーについて、オシムは「ファンタジスタばかりを集めて誰が水を運ぶのか?」って言ってたけど、そういうことだったのね。その時はオシム独特の言い回しなのかと思ったら、そういう表現がもともとドイツ語にあったんだ。

ってことはオシム!日本人で水運びが一番巧い鈴木啓太を選んでくれるよね?頼むよー!

龍時02-03

|

カテゴリ:

龍時02-03(2巻)を読んだ。1巻でどっぷりはまったので、2巻の展開によっては文庫化されてない3巻も買って読むつもりだったけど、残念ながらその必要はなくなった。 1巻ではすがすがしかったサッカーの世界のリアルな描写が、2巻では行き過ぎちゃって、著者の妄想が激しくてついていけなくなった。一生懸命取材したのは分かるけど、野沢氏の取材紀行文みたいな部分がやたら多いのはいただけない。 サッカー理論やちょっとしたこぼれ話もどっかで聞いたことがあるものばかり。もっと物語をしっかり作ってほしかった。ホアキンやデニウソンとチームメイトっていうのはぎりぎり許せるけど、チームメイトっていうんだったら、もっと人柄も描いてほしい。じゃないと主人公との距離が開いちゃって、ちっとも同じチームにいる実感が湧かない。だいたい1巻で一緒だったエミリオやアントニオが全く出てこないのはどいうことだ?あっさり切りすぎだろー。単に自分が作った主人公が大好きなベティスでプレーしたら楽しーなーってことで書いちゃったんじゃないか?? ・・・ということで、3巻は文庫化されても読まないかも。残念。

龍時01-02

|

カテゴリ:

脚本家の野沢尚氏のサッカー小説「龍時01−02」を読んだ。この小説は続編が3巻まであって、おそらくその先も続くはずだったんけど、野沢氏が2004年に急逝してしまったので、その先はもう出版されることはない。残念ながら。・・・ホントに残念だ。それくらい面白かった。 会社の先輩が貸してくれたから読んだんだけど、正直言って読む前は、サッカー小説ってどうなのよ?って感じで期待してなかった。でも試合中のプレーは丁寧に描写されているし、クラブや選手名も実名で、サッカー協会やクラブの組織、代理人システムの構造なんかもリアルに描かれているし、なによりもストーリーが爽快でめちゃめちゃ面白い。

ただ、登場人物の人物像はあまりきちんと描かれていなくて、1冊読み終わっても、主人公がどんな性格でどんな雰囲気の人なのかイマイチ掴めなかった。このあたりはスターウォーズなんかのハリウッド映画に通じるところがあるなあ。登場人物がどんな気持ちで行動してるかっていうのはあんまり関係なくて、結果的にどういう行動をとったのか、いかにストーリーが大胆に進行していくかに重きを置いてる。これは野沢氏が脚本家ということも関係してるのかな。まあ、振り返ってみるとおそらくこの本を読む人は、主人公と自分を重ねて読むはずだからあんまり主人公を作り込まなくても良いのカモ。とりあえず、僕は完璧に龍時になりきって読んだね。最高だった。最後のクライマックスは展開がミエミエなんだけど、全然OK。

02−03(2巻ね)も既に借りたから、楽しみだ。3巻はまだ文庫になってないみたいだけど、2巻の展開具合によっちゃあハードカバー買っちゃうかもしれない勢いだ。それだけに、つくづく野沢氏が亡くなってしまったことが残念だったので、ちょっと調べてみたら野沢氏の死因は首吊り自殺だった・・・。龍時を読んでかなり元気をもらったのに。龍時にも命を削りながらサッカーしてるという表現があったけど、野沢氏も命を削りながら執筆してたのかな。いやもっと個人的な部分が理由かもしれない。
とにかく残念でしょうがない。ちばあきおの「プレイボール」みたいなもんだ。

ベンゲルも凄かったが。

|

カテゴリ:

某デザイン雑誌編集長に勧められて「オシムの言葉」を読んで非常に感動した。 著者は旧ユーゴ・スラビアに詳しい木村元彦。 サッカーの名監督と言われる人はたくさんいるけど、チームを強くするだけじゃなくて、その国のサッカー文化を底上げしてしまう監督は少ないな。 選手、フロント、マスコミ、サポーター、サッカーに関わる全ての人の意識を向上させようとしてる気がする。レッズファンの僕がジェフの監督であるオシムに魅せられる一番の理由は、「オシム語録」という言葉も飛び出す程のひねりの効いたコメントが楽しいから。

でもこの本を読んで思った。自分の国が崩壊して、隣人が殺しあいをする悲惨な戦争に巻き込まれ、最後のユーゴスラビア代表監督になったオシムの言葉は単にウケを狙ったものじゃない。サッカーについて語っている時でも、サッカーを通して人生を語ってるんじゃないかって思える。憎しみあって(もちろんそうじゃない人もたくさんいて)バラバラになっちゃったユーゴスラビアのどの民族の人も偉大なサッカー監督と言えばイビチャ・オシムの名前を挙げるくらい有能で人徳のあるオシム監督。
全ての日本のサッカーファンは、そんな監督がJリーグに在籍してる幸せをかみしめましょう。

amazonでイビチャ・オシム関連商品を探す

Profile CHANNELFOOTBALL

管理人

このブログは映画ランキングサイトCHANNELCINEMA.COMの管理人のサッカーブログです。
管理人プロフィール
HN:ドミノ
性別:男性
住所:東京都→京都府
職業:会社員(営業)
好きなスポーツ:サッカー
好きなチーム:浦和レッズ
好きな選手:三浦知良、ポンテ
好きな映画:グランブルー
好きなバンド:THE BLUE HEARTS
好きな俳優:寺島進、大泉洋
好きなTV:水曜どうでしょう
好きなマンガ:花男、じみへん
好きな動物:サイ、ホホジロザメ
好きな小説家:宮本輝
好きな食べ物:じゃがいも

みなさまのコメントお待ちしてます!!