日本代表のブログ記事

達観

|

カテゴリ:

歳をとったなあと思うのは、あれだけ熱狂的に応援していたサッカー日本代表がW杯最終予選の初戦で負けたというのに、
「チッ」と舌打ち一つうっただけで頭を切り替えられちゃうようになったってこと。
20年前ならこの世の終わりのごとく嘆いただろうにねえ。

ドーハの歓喜

|

カテゴリ:

場所:カタールのドーハ
対戦相手:イラク
アジア最終予選
アディショナルタイムに得点したのは・・・日本!

おおおお!
ま、ドーハの悲劇とは重さが全然違うけど、
因縁めいたものを感じました。

今回のオリンピック代表はレッズの関根が外れた時は、
かなり憤りを感じたけど、やっぱり応援しちゃいますね。
でもってやっぱり嬉しいです。

ただ、手倉森監督が試合後に
「神様が微笑んでくれた」
みたいなことを言ってたけど、それは違うと思う。
もしそうなら、神様はイラクを見限ったということになるから。
勝者がいるってことは敗者もいるってこと。
敗者は神様に見限られたわけじゃないです。
いや、監督の揚げ足を取りたいわけじゃないですよ。
これは実力で勝ち取ったんですよ。神様のお陰じゃないです。

ついでに言うと、久保の
「武蔵が良いボールをくれたから、自分は触るだけだった」
というお決まりのフレーズも勘弁して欲しいです(笑)
触るだけじゃなかったでしょ。あのシュートは。
凄いと思うよ。謙遜も行き過ぎるとちょっと・・・。

いやいやこんなことが言いたいんじゃない。
なかなかアジアで勝てなかった年代だけどここ一番に結果を出した選手達おめでとう!
遠藤がレッズにきてくれるのは楽しみ。

日本代表の新ユニホーム

|

カテゴリ:

今日のシンガポール戦は新しいユニホームのお披露目でした。
会社の昼休みにアディダスのサイトで初めて見たときは、なんか練習着みたいでつまらないなーと思ったけど、
実際試合で見てみると結構カッコいいかも。
黒に近い紺が強そうで良いな。
ということでフジテレビのユニホームプレゼントに応募しておきました。

試合の方は3-0で完勝。
我らが西川となんと柏木がフル出場。
やっぱりレッズの選手が出てると嬉しい。
他にも金崎とか宇佐美とかJリーグの選手が出てると親近感が沸いていいね。

日本代表が勝てば嬉しい
日本代表の選手達はその何倍も嬉しいことでしょう

日本代表が負ければ悲しい
日本代表の選手たちはその何倍も悲しいことでしょう

日本代表がグループリーグで敗退してしまった今、
僕たちのようなファンは愚痴を言うのも自由だし、戦犯探しするのも自由。
セルジオ越後さんのように厳しい愛のムチを打つのも自由。
むしろそうすることが日本代表の未来のためには良いことなのかもしれない。
でも、今日の早朝5時から祈るようにしてコロンビア戦を観戦して、
ボコボコにされちゃってめちゃくちゃショックだった僕は、
この何倍も辛い思いをしている日本代表に厳しいことを言う気が起こりません。

感動をありがとうというのとは全く違うけどおつかれさまと言いたいです。
4年間本気で優勝を目指して突っ走った日本代表のみんなの努力が決して無駄になりませんように。
本気で努力したからこそ得られる何かをみんなが手にしていますように。

ブラジルW杯2014開幕

|

カテゴリ:

金曜の朝に開幕したブラジルワールドカップ。
3日間で5試合見たのでここまでの雑感まとめ。

6月13日(金)
朝5時キックオフ
開幕戦 ブラジルVSクロアチア
平日だけど、開幕だしブラジルだし今日1日頑張ればお休みだしってことで早起きしてみました。
凄いですブラジル。
何が凄いって選手も観客も思い入れが強すぎる。
キャプテンのチアゴ・シウバなんて入場したときから目がウルウルしてたし、
国歌斉唱なんて全員叫ぶようにして歌ってた。音楽が終わっても曲の2番?をスタジアム全体で歌い上げてました。
これは気合い入り過ぎでは?と心配だったけど案の定試合内容はあんまり良くなかった。
オウンゴールで先制された時の観客の落ち込みようもハンパじゃない。
でもって同点ゴールを決めたのがブラジル中の期待を背負ったネイマール。この時のスタジアムの興奮は今まで見たことない盛り上がり。
チャンピオンズリーグ決勝も目じゃないくらい。
でもって後半は西村主審が微妙なPKの判定を下す。世間では誤審という意見が多いみたいです。
まあ・・・確かに微妙・・。でもあのスタジアムの雰囲気じゃ仕方なかったんじゃないですかね。

終了間際にオスカルも点を取ってなんだかんだで3-1でブラジル勝利。

6月14日(土)
朝4時キックオフ
スペインVSオランダ
なんと前回W杯決勝のカードが早くも実現。
これは誰でも期待します。金曜の会社の飲み会を早々に離脱して早めに寝て頑張ってみました。
結果はまさかの5-1という大差でオランダ勝利。
スペインはいつものパス回しが出来ず。ブラジル出身でスペイン代表を選んだジエゴ・コスタはボールを持つ度にブーイング。
そのジエゴ・コスタがPKを奪ってスペインが先制したけど、ジエゴ・コスタはそれ以外はあんまり良くなかったですね。
それよりも良くなかったのがカシージャス。普段のプレーをあんまり見てないけどレアル・マドリードでもカップ戦要員になってしまったというのもうなずける。
キャッチできそうなロングシュートも逆を取られてたし、4点目のミスは本当に痛恨だったと思う。

朝7時キックオフ
チリVSオーストラリア
アジア予選では憎らしかったけど、スペインVSオランダの解説者がスペインはチリと2位の座を争うって、もうオーストラリアは4位決定みたいな言いぶりをしてたのが可哀想だったのでオーストラリアを応援しました。
国歌斉唱の時に元レッズのスピラノビッチを発見して驚く。レッズの時はあんまり良い選手と思わなかったけどね。
・・があっさり2点を取られてかなり厳しい展開。
そこで1点返したのがケーヒル。ケーヒルって好きだなあ。時々えげつないファールするけど男って感じだ。
その後もケーヒルが頑張ったけどロスタイムにチリにダメ押しされてジエンド。

6月15日(土)
朝7時キックオフ
イングランドVSイタリア
いわゆる好カードだけど圧倒的にイタリア有利と思ってました。
ユーロ以来、イタリアは本当に良いチームだと思ってます。攻撃的イタリア。なんとかブラジルとイタリアの決勝になって欲しいと思ってます。
もちろんブラジルVS日本でも良いけど。
でも試合は意外と接戦で2-1でイタリア勝利。イングランドの得点はイングランドっぽい長いパスを点で合わせていくゴール。これはこれで素晴らしかった。
イタリアはピルロがトリッキーなプレーをし過ぎじゃないかなあって批判的に見てたら、ピルロの華麗なスルーが先制点に繋がりました。決勝点はバロデッリ。
仕事するべき人が仕事してますねえ。

朝10時キックオフ
日本VSコートジボワール
で、いよいよ日本ですよ。
結論から言うと全然ダメでした。スコアは1-2だけど、今日に関して言えばもっと差があった。
日本がいつものパスサッカーが出来なかったのか、させてもらえなかったのか・・・。
かなり厳しい展開になってしまいました。
それにしても本田はやっぱり凄い。最近不調だったけどここで結果を出すんだもんなあ。
先制したときは行けるって思ったけど、その後ちょっと良いリズムがあった後はずーっと相手ペース。
大迫、香川は実力が全く出せてなかったように思います。
史上最強と言われて初戦を逆転負け。しかも失点の間隔がとても短いあたりが2006年ドイツW杯とかぶるけど、今回はこの後2連勝してくれそうな気がします。
信じてます。
頑張れ日本!

大舞台での日韓戦に完敗

|

カテゴリ:

良い意味で予想を裏切ってベスト4まで進んだオリンピック日本代表。
あまり期待されていなかった中での快進撃という意味では南アフリカW杯とかぶるけど、
終わり方があまりにも悪かったなあ。アジア最大のライバル韓国に3位決定戦という大舞台で完敗。

色々な見方があると思うけど、僕は完敗だったと思います。
組織的なディフェンスと徹底したカウンタ−。
このサッカーを否定するなら、なでしこジャパンのブラジル戦やフランス戦も否定しなければなりません。
嫌みでも何でもなく、韓国のほうが強かった。
日本は韓国の組織を全く崩せなかったし、韓国のような素晴らしいアタッカーもいなかった。
昨日の3決で日本が韓国より優れていたのは小手先のテクニックだけ。
日本のほうが上手いかもしれないけど、韓国のほうが強かった。

世界中が見ている大舞台であんなふうにライバルに負けたのは本当に辛いことです。
アジア予選で負けるのとは訳が違う。
ベスト4に進んだことやスペインに勝ったことを帳消しにしてしまうくらいに辛い。

それくらいがっかりしていたのに、さらに追い討ちをかけるように残念だったのは、
一部の選手達のコメント。

胸を張って帰るとか、恥じることはないとか・・。
一番がっかりだったのは、永井の
「蹴り込むだけのサッカーに負けて悔しい」
というコメント。

何を言ってるんだろう・・・。どこが蹴り込むだけのサッカーなのか?
日本はまともな攻撃をさせてもらえなかったじゃないか。永井は相手のディフェンスを崩せたのか?
2−3とかで負けて、相手のゴールが全てカウンターだったならまだしも、1点も取らずに何を言っているのか。
百歩譲って蹴り込むだけのサッカーだとしても、それは強力なアタッカーがいたからなし得たこと。

韓国のFWがパク・チュヨンではなく永井だったらゴールになっていなかったんじゃないか?
蹴り込むだけのサッカーに負けたのだとしたらその差はアタッカーのレベルってことじゃないか。
蹴り込むだけのサッカーに負けたって言うなら、自分よりパク・チュヨンのほうが優れているって認めたようなもんだ。

同じようにこの結果で胸を張って帰ると言うなら、日本より韓国のほうが上ってことで良いですと認めたようなもんじゃないか。吉田のように大泣きして悔しがらなきゃいかんだろ。
何度も書くけど、相手はアジアのライバル韓国だよ?ブラジルじゃないのっ!

勝負は時の運もあるし、荒れたピッチは日本のサッカーに味方しなかったかもしれない。
だから結果は残念だけどある程度仕方ない。けれども完敗した現実を直視しなかったり、あっさり受け入れてしまっては進歩がないと思う。
試合直後で思わず本音が出てしまったのかもしれないけどね、試合にも負けた上にあんなコメント出されたら応援しているほうはたまらないよ・・・。

良い意味で予想を裏切りまくった日本代表がついに敗退してしまいました。
PKでの敗退ということで、最後の最後まで劇的だったと思います。
悔しいというよりは、もう1試合見たかったという残念な気持ちが強い。
ホントに楽しませてもらいました。

PKを外した駒野が号泣しているのが辛かった。
みんなが駒野を慰めるのを見て、どんな言葉をかけてあげることが駒野の慰めになるんだろうって考えた。
基本は
「お前のせいじゃないよ」
みたいな感じだと思うけど、優しい言葉であればあるほど、逆に辛いかもしれない。
ありえないけど
「外してるんじゃねえよ!」
みたいな言葉でののしったらどうなるんだろ。闘莉王あたりが冗談めかして言うのはありかもしれない。
「4年後目指して頑張ろうぜ」
みたいな次を見据えた言葉もありか。でもさすがにあの瞬間で4年後を見据えた発言はスーパーポジティブの本田でも出来ないか。
結局、むちゃむちゃ辛いことには変わりないんだから、松井がそうしたように隣で共に涙して悲しみを分かち合うのが一番なんだろうな。

ちなみに闘莉王は駒野の次に蹴る予定だったそうで
「俺が蹴っても外していたよ」
と優しい言葉をかけたそうです。

でも駒野は当分は辛いだろうけど、日本サッカーの重要な歴史の一部になれたとも思う。
ドーハの時の頭を抱えるラモスみたいに。
何年後になるか分からないけど、日本がベスト8に進んだ時に号泣する駒野の姿が思い出されるでしょう。あの悔しさがあったからここに辿り着けたんだと思うでしょう。
ややもすると駒野のおかげみたいな感じになっちゃうかもしれない。

アメリカワールドカップで一番記憶に残っているのは優勝カップを掲げているドゥンガではなく、PKを外してうなだれているバッジョの背中です。
駒野はバッジョみたいに日本サッカーの記憶にしっかり刻まれました。
そのバッジョは言いました。
「PKを決めても誰も覚えてないが、外したらそれは誰もが忘れない。 」

当の本人の駒野ですが、帰国した時の記者会見で
「またPKを蹴る場面があれば迷わず蹴りに行きたい」
と力強く語ってました。
どうやらもうすっかり立ち直ったようです。やっぱりプロのアスリートの精神の強さは凄いね。
これもバッジョの名言ですが、
「PKを外すことのできるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ」
まさに駒野は勇気を持つ者だったんだな。

ここ最近で最も夢がない日本代表と思っていたけど、結果的にはすばらしい一体感を見せてくれました。
大会前にこのブログで、ベスト4まで進んだら岡田ジャパンの今までの過ちはチャラになると偉そうなことを書きました。ベスト4までは進めなかったけど充分満足させてもらいました。日韓W杯を超える興奮でした。
それだけに喪失感も大きい。

日本が出場するようになってからのワールドカップの楽しみ方は日本代表を応援する第一部と、日本代表が敗退してから強豪の試合を楽しむ第二部の二部構成になっていますが、今回は第一部が強烈だったので、第二部がちょっと霞んじゃってる。

次のブラジル大会は、第二部まで日本代表が残ってくれることを期待します。
ありきたりだけど、日本代表ありがとう!

グループリーグ突破!

|

カテゴリ:

カメルーンに勝った時の嬉しさはこの1,2年で一番だったと先日のブログに書きましたが、わずか10日でその記録は塗り替えられました。

このデンマーク戦の勝利は、日本代表史上2番目に嬉しい勝利でしょう。(ちなみに1番はジョホールバルの勝利。これは不動。)

なんというか何から何まで最高だったけど、今大会はみんなそれぞれのベストのパフォーマンスを出せてると思う。大久保ってこんなに上手かったか?長友ってこんなに速かったっけ?
嬉しい誤算ばかり。

中でも中澤。中澤はこのワールドカップはここ1,2年で一番良いパフォーマンスを見せてるんじゃないかな?昨日のデンマーク戦ではデンマークのサイドプレーヤーは中澤めがけてクロスを上げてるんじゃないかと思うくらい、ほとんどのクロスを中澤がはじき返してた。

もちろん本田はあえて僕が言うまでもなく最高。松井はマーベラス。阿部ちゃんはどう考えてもレッズでのプレーよりも3割り増しくらいにイイ。長谷部、遠藤はまさに代表の心臓。しかも遠藤はFKまで決めちゃった。ドイツの悔しさを晴らせて良かったね。
川島は今日も良かった。彼のオランダ戦でのナイスセーブ2本がデンマークを
「勝たなきゃいけない」
状況に追い込んだ。
今日はPKを決められちゃったけど、あの時の少年のような悔しがりかたには心を打たれた。

あと褒めてないのは誰だ?闘莉王か。闘志がいい感じに空回りせずチームを鼓舞してる。
駒野。えーと思ったよりディフェンスの1対1強い。
岡崎。君も持ってる!オランダ戦でビッグチャンス外してもう今大会でのゴールは無理かと思ったけど、サッカーの神様は見てる。
「ここまで頑張って来て良かった」
ってコメント聞いてさぞかし色んな苦労があったんだろうなあと妙に納得。
今野。直前の強化試合でケガしてスタメン外れたけど出場できて良かった。腐らずやっていれば遠藤みたいにいつか報われる!
稲本。チームの盛り上げ役!ロスタイムのみの出場だったけど、試合後は一番はしゃいでたね。

あと、忘れちゃいけないのは岡田監督。
未だに僕は好きになれないけど、この働きぶりは文句のつけようがない。
ホントよくやってる。ベスト4という目標設定も間違ってなかった。
グループリーグ突破の目標だったら、ここで緊張の糸が切れてただろうからね。

ホントに嬉しい。最高。次の相手のパラグアイも確かに強いけど、ブラジルとかスペインってわけじゃない。ウチはデンマークに3-1で勝ったチームなんだから、勝機はある!

次は俊輔が点取ってくれないかな。本田も俊輔も凄かったっていう大会になればイイな。

デンマーク戦を迎えるにあたって

|

カテゴリ:

デンマークがカメルーンに最少得点差の2-1で勝ったおかげで、日本は3戦目でデンマークに引き分けたとしてもグループリーグを突破できることになった。

つまりは昨日のオランダ戦に引き分けたとしても状況は同じだったわけ。
デンマークに負けたら終わり。引き分け以上ならワールドカップの夢は続く。

昨日は岡崎の最後の決定機を悔やんだり、スナイデルのシュートを微妙にブレさせたジャブラニを恨んだりもしたけども、結果論的にはあんまり意味がなかったらしい。
それよりも川島が決定機を2回止めてくれたことがすごく意味があったんだな。
0-2で負けてたら、デンマーク戦には勝たないといけなくなってたから。
オランダ戦の1プレー1プレーは、5時間後に行われたデンマークVSカメルーンの試合によって違う意味合いを持つようになった。

でもそれもこれも3戦目次第でまた意味が変わる。
デンマークに負けちゃったら、川島のナイスセーブどころか本田のゴールも無意味になっちゃう。
だから木曜の試合はすごく重要な一戦だ。勝ち点を取るかとらないかが、これまでの4年の努力が報われるか否かの分かれ目となる。
とりあえずグループリーグを突破すれば、ベスト4に辿り着かなかったとしても、本田のゴールも川島のビッグセーブも日本サッカーの重要な歴史の1ページになるね。

やばい。なんか早くも緊張してきた(笑)

ワールドカップ2試合を終えて

|

カテゴリ:

残念ながら0-1でオランダに負けちゃったけど、ここまでの日本代表の戦いぶりは僕の予想を遥かに超えるものです。

正直勝ち点1どころか1ゴールも取れずに南アフリカを去ることになるのでは?と思ってた。
サポーターがTVのインタビューで答えてたけど、
「目標はグループリーグベスト4」
だと思ってた。

ところが初戦でカメルーンに1-0で海外でのW杯初の勝ち点3を獲得。
僕も含めて岡田ジャパンに否定的だった日本人は手のひらを返して一気に盛り上がった。
もうホントに嬉しかったな。ここ1,2年で一番嬉しい出来事だったかもしれない。

本番での勝利っていうのが、こんなにも希望をもたらすものだとは思わなかった。
次の相手は強豪オランダなのに、もしかしたら勝てるかも、あるいは勝ち点1なら拾えるかもという夢まで見られるようになった。
ベスト4という夢はいまだに描けないけど、グループリーグ突破の夢ははっきり描ける。

それでも基本的には多分負けちゃうだろうという覚悟も持ちつつ今日の試合を観戦しました。
結果0-1の敗戦。
負けてもともとと思っていたのに、むちゃくちゃ悔しい。
確かにボールキープ率では圧倒されてたけど、1-1くらいには出来たと思う。勝ち点1でも充分ビッグサプライズだったのに・・。決定機もいくつか作れてた。
松井のテクニックはオランダの選手も含めて一番輝いてたんじゃないか。
大久保はあんまり好きじゃないけど、今日はテクニックも運動量もフィジカルの強さも際立ってた。本田もフィジカルで屈強なオランダ人に引けを取ってなかった。
長友のスピードも通用してた(スローインはへたくそだったけど)。

監督の良し悪しというのはよく分からないし、僕は岡田監督が好きじゃないけど、今回の岡田監督は充分頑張ってるし結果を出してると思う。
ただ、今日は松井と大久保がすごく良かったように見えたから代えないで欲しかった。
代えるとしたらバテ気味だった本田だったんじゃないかな。
まあそれは結果論。

今までも、あと一歩とか惜敗とか善戦というような言葉は何回も聞いた。強豪相手の0-1というのは初めてのことじゃない。でも今日はホントにもう少しだったと思う。それだけに悔しいなあ。
ロスタイムの長友のプレーがPKだったらなあ。岡崎が決めてくれればなあ。

でもしょうがない。結果は負けだけどカメルーン戦同様に自信を深められたんじゃないかな。
これでデンマークに勝ったら予選突破だ。しかも期待出来る。
だけどもキックオフは平日夜中の3時30分だ。
悩むとこだけどやっぱり生で見るしかないよな。

ガンバレニッポン!!

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages

Profile CHANNELFOOTBALL

管理人

このブログは映画ランキングサイトCHANNELCINEMA.COMの管理人のサッカーブログです。
管理人プロフィール
HN:ドミノ
性別:男性
住所:東京都→京都府
職業:会社員(営業)
好きなスポーツ:サッカー
好きなチーム:浦和レッズ
好きな選手:三浦知良、ポンテ
好きな映画:グランブルー
好きなバンド:THE BLUE HEARTS
好きな俳優:寺島進、大泉洋
好きなTV:水曜どうでしょう
好きなマンガ:花男、じみへん
好きな動物:サイ、ホホジロザメ
好きな小説家:宮本輝
好きな食べ物:じゃがいも

みなさまのコメントお待ちしてます!!