海外サッカーのブログ記事

まさか自分がこんなに一生懸命に鹿島を応援するとは思わなかった。
正直、試合開始時は、まあ善戦してくれたらいいんじゃないのという感じだったけど、
前半終了間際に追いついた時にはかなりの興奮。
後半の勝ち越しで発狂。
PKを取られた時も曽ヶ端に必死に念を送りました。
終盤は鹿島ペースだっただけに残念ですねええ!!
遠藤が決めてればなあ・・(難しかったとは思うけど)

審判がセルヒオ・ラモスに2枚目のイエローを出さなかったのはいくらなんでもおかしいでしょう。
退場してたら勝てたとまでは言わないけど、キャプテンが退場になって1人多い状態で迎える延長は多少なりとも鹿島に有利になったはず。
審判やFIFAはしっかり説明して欲しいですね。

それにしても明石家さんま。この状況でレアルマドリーを応援してたんでしょうか?
なんだろ・・あの人コテコテの関西弁を話すけど、実はスペインに親戚でもいるんですか?
ワールドカップで日本がスペインと戦ってもスペインを応援したりするんじゃないかな。
いや、そりゃあ僕だってレッズを最後の最後でまくった鹿島が世界一になったら悔しい気持ちが全くないわけじゃないけど、さんまの発言はそういうことじゃないですね。
そりゃあどのチームを応援しようと自由だし、レアルを応援してる日本人もいっぱいいるだろうけどさ・・・。

チャンピオンズリーグ

|

カテゴリ:

アトレティコにリベンジのチャンスがこんなに早く巡ってくるとは思いませんでした。
あと一歩のところで逃した欧州制覇のチャンスが2年後に巡ってくるとは。
しかも相手は2年前と同じレアルマドリード!


最近ほとんど海外サッカーを観なくなった僕もさすがに3時45分に起床し観戦しました。

・・・結果、残念でしたね。
タラレバですが、セルヒオ・ラモスのゴールはオフサイドだと思うし、後半のセルヒオ・ラモスのファールは一発退場もんだろうし、グリーズマンのPKが決まってればとか・・・。
前回と同じかそれ以上に悔しい敗戦だったんじゃないでしょうか。

クリスティアーノ・ロナウドの才能と努力は相当なもんなんだろうけど、もう他のヒーローが出てきても良いじゃないか。プレミアリーグのレスター優勝に世界中が興奮したように、ビッグクラブ以外のチームの活躍が観たいなあ。

なんとかアトレティコにはまた決勝に戻ってきて欲しいけど、現実は厳しいような気がする・・・。

サッカー三昧な休日

|

カテゴリ:

ブラジルワールドカップもベスト8が出そろって、いよいよ準々決勝。日本代表が戦っていたのが随分昔のことに感じます。
土曜の今日は深夜1時からドイツVSフランス、早朝5時からブラジルVSコロンビアと見逃せない試合が続きます。
深夜1時なら頑張って起き続けて観るし、早朝5時なら早起きしてみるんだけど、1時と5時というのはどうすれば良いのかと。
二兎を追わずにどちらかに絞るべきか・・・。
いやいや4年に一度の祭りなので欲張りましょうということで、金曜はそうそうに仕事を切り上げて21時に就眠。
0時50分起床。
ドイツVSフランスを観てもう一度2時間弱寝て
4時50分またまた起床。
ブラジルVSコロンビアを観て7時から10過ぎまで寝るというプランを実行しました。
ということで無事2試合観戦できました。

ここまで、日本代表の試合以外は基本的に下馬評が不利と言われているチームを応援しながら観てきたのでかなり勝率が悪いです。
今日はフランスとコロンビアを応援します。

1試合目。
フリーキックからのゴールを守り切ったドイツが勝利。かつてリネカーが「サッカーは最後にドイツが勝つスポーツ」と言ったそうですが、本当にそう感じます。そりゃドイツは伝統がある良いチームだし良い選手がたくさんいるわけなんだけど、ぶっちゃけ注目度はブラジルやオランダ、スペイン、イタリアと比べるとやや落ちると思う。
でもやっぱりドイツが勝つんですよね。特に理由は無いんだけどそういう法則めいたところがどうも嫌なんです。

2試合目。
相変わらずブラジルは観客を含めて全員が凄いテンション。コロンビアはここまで凄く良いサッカーをしてるし、今回ブレイクしたハメス・ロドリゲスは見た目もテクニックも申し分無し。とっても期待した一戦だったけどやや期待はずれ。
熱すぎてファールが多くて試合がブツブツ切れる感じ。
結局2-1でブラジルが勝ったけど、3つのゴールはCK、FK、PKと全てセットプレー。ダビド・ルイスのFKは心から起きてて良かったと思える程の素晴らしいものだったけどやっぱり流れからのゴールとか、パスワークとかドリブルとかもっと観たかったなあ。
コロンビアはブラジルにビビったのか、ロドリゲス以外は良くなかった。
ネイマールをつぶしてしまったファールもいらんかったなあ。まあこれが激しい南米サッカーの真髄なのかな。

ということで今日も応援しているチームが負けました。準決勝はドイツVSブラジル。ネイマールとチアゴ・シウバ(累積警告)を欠くことになったブラジルを応援します!(ドイツが勝っちゃいそう・・・)

世界のサッカーファンはワールドカップに夢中なわけだけど、地味にJ2はワールドカップ中も営業中。
今日は京都にジュビロ磐田がやってくるということで、金券ショップでチケットを急遽入手して19時の試合に行きました。

ジュビロ磐田にはなんとブラジルから帰ってきた伊野波が出場。1試合も出てないけどW杯選手が観られるとは思わなんだ。
試合は3-2で磐田勝利。前田、山瀬、大黒という元代表選手が活躍。駒野、松井の南アフリカ代表組も活躍。
レベルは今朝観たサッカーとは格段に劣るけど、点がたくさん入ってなかなか楽しめた!
ちなみに元京都の松井大輔に対してサンガサポーターは優しく拍手で迎えました。レッズでは考えられません。僕はこういう暖かい雰囲気のほうが好きです。
でも、今朝のワールドカップの激しさを観てるとそういう優しい雰囲気では世界では勝てないのかなあとも思います。

ともあれ、1日で3試合もサッカーを観られた幸せな1日でした。
あと1時間でアルゼンチンVSベルギー!
まだまだ楽しみます!

西京極についにザック(笑)登場!
西京極についにザック(笑)登場!

日本代表が勝てば嬉しい
日本代表の選手達はその何倍も嬉しいことでしょう

日本代表が負ければ悲しい
日本代表の選手たちはその何倍も悲しいことでしょう

日本代表がグループリーグで敗退してしまった今、
僕たちのようなファンは愚痴を言うのも自由だし、戦犯探しするのも自由。
セルジオ越後さんのように厳しい愛のムチを打つのも自由。
むしろそうすることが日本代表の未来のためには良いことなのかもしれない。
でも、今日の早朝5時から祈るようにしてコロンビア戦を観戦して、
ボコボコにされちゃってめちゃくちゃショックだった僕は、
この何倍も辛い思いをしている日本代表に厳しいことを言う気が起こりません。

感動をありがとうというのとは全く違うけどおつかれさまと言いたいです。
4年間本気で優勝を目指して突っ走った日本代表のみんなの努力が決して無駄になりませんように。
本気で努力したからこそ得られる何かをみんなが手にしていますように。

寝不足の日々が続いています。

6月16日(月)
録画
アルゼンチンVSボスニア・ヘルツェゴビナ
ボスニア・ヘルツェゴビナがこんなに良いチームとは思わなかった。
「アルゼンチン」の試合を見るつもりだったけど、思わずボスニア・ヘルツェゴビナを応援しました。
結局メッシが真骨頂のドリブルシュートを見せて2-1でアルゼンチン勝利。
昨日日本がかなり酷いサッカーをしたということもあるけど、今まで見たチームの中で日本が一番弱い。
ボスニア・ヘルツェゴビナという正直ノーマークのチームの試合を見て改めて実感しました。
それにしても、ネイマール、メッシ、ロッベン、ファンペルシー、本田、バロデッリとみんな期待通りの結果をだすなあ。

6月17日(火)
録画
ドイツVSポルトガル
好カードだけどドイツが勝つと思ってました。でもこんな大差になるとは。
4-0でドイツ勝利。
ミュラーに頭突きをして退場になったペペは元々ラフプレーの印象が強く、今回の退場も「またか」という感じもするけど
僕はペペよりもミュラーに嫌悪感を感じました。
最初にペペの手が顔に当たった後の大袈裟な演技。あれだけ痛がっていたのにペペが激しく抗議してちょっと頭が当たったら
それまでの痛みはどっかに行っちゃったかのごとくすぐさま立ち上がって言い争う。
なんだあれ。かっこわる。
これは完全に僕の勘ぐりだけど、ミュラーもバツが悪かったんだと思います。ペペの退場後に2点取ってハットトリックを達成したけど、
喜び方が控えめだったような気が・・・。
やっぱり誰に見られても恥ずかしくないプレーをすべきと思います。
クリスティアーノ・ロナウドはケガの影響かあまり存在感無し。メッシ、ネイマールにやや遅れをとったかな。

ブラジルW杯2014開幕

|

カテゴリ:

金曜の朝に開幕したブラジルワールドカップ。
3日間で5試合見たのでここまでの雑感まとめ。

6月13日(金)
朝5時キックオフ
開幕戦 ブラジルVSクロアチア
平日だけど、開幕だしブラジルだし今日1日頑張ればお休みだしってことで早起きしてみました。
凄いですブラジル。
何が凄いって選手も観客も思い入れが強すぎる。
キャプテンのチアゴ・シウバなんて入場したときから目がウルウルしてたし、
国歌斉唱なんて全員叫ぶようにして歌ってた。音楽が終わっても曲の2番?をスタジアム全体で歌い上げてました。
これは気合い入り過ぎでは?と心配だったけど案の定試合内容はあんまり良くなかった。
オウンゴールで先制された時の観客の落ち込みようもハンパじゃない。
でもって同点ゴールを決めたのがブラジル中の期待を背負ったネイマール。この時のスタジアムの興奮は今まで見たことない盛り上がり。
チャンピオンズリーグ決勝も目じゃないくらい。
でもって後半は西村主審が微妙なPKの判定を下す。世間では誤審という意見が多いみたいです。
まあ・・・確かに微妙・・。でもあのスタジアムの雰囲気じゃ仕方なかったんじゃないですかね。

終了間際にオスカルも点を取ってなんだかんだで3-1でブラジル勝利。

6月14日(土)
朝4時キックオフ
スペインVSオランダ
なんと前回W杯決勝のカードが早くも実現。
これは誰でも期待します。金曜の会社の飲み会を早々に離脱して早めに寝て頑張ってみました。
結果はまさかの5-1という大差でオランダ勝利。
スペインはいつものパス回しが出来ず。ブラジル出身でスペイン代表を選んだジエゴ・コスタはボールを持つ度にブーイング。
そのジエゴ・コスタがPKを奪ってスペインが先制したけど、ジエゴ・コスタはそれ以外はあんまり良くなかったですね。
それよりも良くなかったのがカシージャス。普段のプレーをあんまり見てないけどレアル・マドリードでもカップ戦要員になってしまったというのもうなずける。
キャッチできそうなロングシュートも逆を取られてたし、4点目のミスは本当に痛恨だったと思う。

朝7時キックオフ
チリVSオーストラリア
アジア予選では憎らしかったけど、スペインVSオランダの解説者がスペインはチリと2位の座を争うって、もうオーストラリアは4位決定みたいな言いぶりをしてたのが可哀想だったのでオーストラリアを応援しました。
国歌斉唱の時に元レッズのスピラノビッチを発見して驚く。レッズの時はあんまり良い選手と思わなかったけどね。
・・があっさり2点を取られてかなり厳しい展開。
そこで1点返したのがケーヒル。ケーヒルって好きだなあ。時々えげつないファールするけど男って感じだ。
その後もケーヒルが頑張ったけどロスタイムにチリにダメ押しされてジエンド。

6月15日(土)
朝7時キックオフ
イングランドVSイタリア
いわゆる好カードだけど圧倒的にイタリア有利と思ってました。
ユーロ以来、イタリアは本当に良いチームだと思ってます。攻撃的イタリア。なんとかブラジルとイタリアの決勝になって欲しいと思ってます。
もちろんブラジルVS日本でも良いけど。
でも試合は意外と接戦で2-1でイタリア勝利。イングランドの得点はイングランドっぽい長いパスを点で合わせていくゴール。これはこれで素晴らしかった。
イタリアはピルロがトリッキーなプレーをし過ぎじゃないかなあって批判的に見てたら、ピルロの華麗なスルーが先制点に繋がりました。決勝点はバロデッリ。
仕事するべき人が仕事してますねえ。

朝10時キックオフ
日本VSコートジボワール
で、いよいよ日本ですよ。
結論から言うと全然ダメでした。スコアは1-2だけど、今日に関して言えばもっと差があった。
日本がいつものパスサッカーが出来なかったのか、させてもらえなかったのか・・・。
かなり厳しい展開になってしまいました。
それにしても本田はやっぱり凄い。最近不調だったけどここで結果を出すんだもんなあ。
先制したときは行けるって思ったけど、その後ちょっと良いリズムがあった後はずーっと相手ペース。
大迫、香川は実力が全く出せてなかったように思います。
史上最強と言われて初戦を逆転負け。しかも失点の間隔がとても短いあたりが2006年ドイツW杯とかぶるけど、今回はこの後2連勝してくれそうな気がします。
信じてます。
頑張れ日本!

ソウルに旅行するということが決まって真っ先に思いついたのは、焼肉でもエステでもなくKリーグ観戦!
ソウルには日韓W杯で韓国がイタリアを破ったソウルワールドカップスタジアムがあります。
サッカー専用スタジアムなので是非一度行ってみたかったんです。
調べてみると、ちょうど旅行滞在中にFCソウルのホームゲームが開催されるとのこと。
街中から地下鉄で20分位でスタジアムの駅に着きます。

ソウルワールドカップスタジアム
ソウルワールドカップスタジアム

駅を出ると目の前に大きなスタジアム。アクセス最高です。
今日は韓国でも「こどもの日」。そのせいもあったんだと思うけど、子連れのお客さんがたくさんいました。
雰囲気はJリーグと似てるかな。とってもアットホームな感じ。

このスタジアムにはショッピングモールや映画館も併設されてます。奥さんはサッカー観戦をパスしてショッピングモールを探索することになったので、入口で一旦分かれて一人で当日券売り場へ。

当日券は12000ウォン。約900円です。激安ですね。
本当は指定の一番良い席で観たかったんだけど、自由席しか売っていない窓口だったので諦めました。
ゴール裏もバックスタンドも1階席も2階席もカテゴリーは共通です。

花火とともにキックオフ!
花火とともにキックオフ!

やっぱりサッカースタジアムって興奮するなー。しかも久しぶりのサッカー観戦だし。
やや早足でゲートをくぐるとちょうどゴール裏の熱いサポーター集団ゾーンでした。
ど派手な花火がどかーんと上がってキックオフ。
適当な席を見つけて座ろうとしたけど、さすがにゴール裏だけあってなかなかの混雑具合。

バックスタンドに移ろうとしていたら、なんとさっそくFCソウルが先制ゴール!
キックオフの花火の煙がまだ残っているところへ、さらにゴールを祝う花火があがりました。
盛り上がるスタジアム。良いねー。ソウルを応援してるわけじゃないけどやっぱりホームチームが勝ってくれないと。

バックスタンドのかなり前のほうの席に座りました。せっかくサッカー専用なので、選手を近くに感じたいなと思ったんです。
選手同士がぶつかる音まで聞こえてくる。先入観のせいかもしれないけど、韓国のほうが日本より当たりが激しい感じがするな。

なかなかの迫力
なかなかの迫力

FCソウルは先制したものの、かなり押され気味。前半はほぼ防戦一方。
ちなみに相手チームは浦項スティーラーズというチームでACLにもよく出てくるから名前くらいは知ってるんだけど、現地ではハングル語表記しかないので、相手チームが浦項スティーラーズだったということは帰ってきてから知りました(笑)
ついでに言うと、FCソウルのこともなんにも知りません。ベンチも含めて両チームとも知ってる選手は一人もいませんでした。
ただ、ソウルの監督はあのチェ・ヨンスだったそうな。これも帰って来てから知りました(笑)

100人サッカー
100人サッカー

ということで前半は1-0で終了。
ハーフタイムにはなにやら子供がわんさか出て来て大人2,3人との試合が始まりました。
多分100人サッカーというやつでしょう。子供の日だからかな?
一つのボールをたくさんの子供達がうじゃうじゃと追いかける様はホントにカワイイ。
多分9割以上の子供がボールを一度も触らずにこのイベントを終えたことでしょう(笑)
オオオ オーオーってことなんでしょうね
オオオ オーオーってことなんでしょうね

後半も浦項ペース。何度か決定的なシーンを凌いだけど、ついにゴールを割られてしまう。
1-1。内容的にも浦項のほうが良いから、こりゃあ厳しいなと思っていた矢先。
FCソウルが勝ち越しゴール!
盛り上がるスタジアム。韓国は代表戦は盛り上がるけどKリーグはさっぱりって聞いてたけど、そんなことはないんじゃないかな。浦和ほどじゃないけど、結構な盛り上がり!

このまま試合終了!2-1で無事ソウルが勝ちました。
初めてのKリーグ、なかなか良い試合で良かった!

FCソウル勝ちました
FCソウル勝ちました

リンク

FCソウル(英語あり)

浦項スティーラーズ

JOMO CUP 2009

|

カテゴリ:

いやー、今日のJOMO CUP最高だったわ。
4-1と大勝して去年の雪辱を晴らしてくれたのはもちろん最高だったけど、一番感動したのがオリヴェイラ監督の本気具合。ゴールに大喜びするだけじゃなくて、審判の判定に激怒するシーンもあった。
単純に去年負けたのが悔しかったのか、日韓のライバルの歴史を知って頑張ってくれたのか分からないけどすごく頼もしかったし、嬉しかった。
小笠原のコメントによると勝った後は泣きそうになってたらしい。

そういう気迫が選手にも伝わってたと思う。ちっともお祭り試合っぽくない。特に小笠原、明神、岩政の元代表あるいは代表候補達が良かったな。岡ちゃんも観に来てたから代表選考に影響あると思うよ。

あとはジウトン、マルキーニョス、ジュニーニョも熱くて良かった。外国人プレーヤーは儲けにならない試合だと本気にならないイメージがあるけど、彼らはかなりマジだったしプレーも良かった。これもオリヴェイラ監督の影響なんだろうか。
普段はにっくき鹿島の監督だけど、敵ながらあっぱれ。フィンケも知的で好きだけどああいう熱い人がやっぱり好きです。

来年は日本で開催?今度こそ観に行きたいな。

アトレティコがんばれ

|

カテゴリ:

たまたまスカパーでCLのリバプールvsアトレティコ・マドリードを見るともなく見てました。
アウェイのアトレティコが1点リードしてロスタイム突入。ロスタイムは5分。長っ!まあアンフィールドだからしょうがないか。

その長いロスタイムもそろそろ終わりに近づいた頃、ペナルティエリア内でジェラードが相手DFに突っ込んでいって倒れた。わざとか不可抗力かしらなけど、とにかくPA内で倒れた。

でなんとPK。

試合中、キャラガーの明らかなハンドは見逃されたのにロスタイムのこのプレーがPK??そんなバカな。

ジェラードはしれっとした表情でペナルティスポットに立って、しっかり(ちゃっかり)PKを決めて、喜びを爆発させた。自分のいかさまには全て目をつぶって、ロスタイムの劇的な同点弾に感情を爆発。当然アンフィールドも大騒ぎ。

まあACLでポンテがジェラードと同じようなことしてPKが決まったら、埼スタだって同じように大騒ぎになるんだろうけどね。よそ様の試合を客観的に見ると完全に茶番ですなあ。単純な審判の能力不足なのか、仕組まれた陰謀なのか知らんけど、しらけたし気分が悪くなった。

ジェラード好きだったけど、こんなの見ちゃうとなあ。

ルイス・ガルシア(元リバプールで現アトレティコ)を温かく迎えたアンフィールドの雰囲気も素晴らしいと思ったけど、この結末で台無し。

スタンド観戦していたフェルナンド・トーレス(元アトレティコで現リバプール)の喜び方がぎこちなかったのは気のせいだろうか・・。

ああ気分悪うう。

現代サッカーなんかくそくらえ。
そんなメッセージを今日の北京オリンピック準決勝アルゼンチンvsブラジルに感じました。

「数的優位を作る」とか
「ボールを奪ったら出来るだけ早くシュートに繋げる」とか
「サイドを攻略する」
みたいな現代サッカーのセオリーみたいなもんは全部無視して、南米スタイルで勝負しようぜって示し合わせてるみたいだった。

両チームともとにかくタッチ数が多くてこねくり回す。なかなかパスしないしガンガン1対1で勝負する。試合の勝者を決めてるんじゃなくて、ピッチ上の22人で誰が一番サッカーが上手いか決めてるのかと思った。

まずビビったのが王様リケルメ。いくら23歳以下とはいえ相手はブラジル代表なのに、子供を相手にしてるかのように余裕でボールキープする。あとはガゴ。今日初めて知ったけどレアル・マドリッド所属らしい。ブラジル代表をガンガン抜いてました。
もちろん、アグエロ、メッシ、マスケラーノあたりも個人技見せまくり。

対するブラジルで目立ったのはジエゴとロナウジーニョ。ジエゴは後半途中で交代しちゃったけど前半はかなり効いてた。マルセロっていう選手も凄かった。彼のことも今日初めて知ったんだけど、なんと彼もレアル・マドリッドらしい。レアルは最近地味な選手を集めてるって印象だったけどやっぱりテクニシャン集めてるんだな。

華麗なテクニックを見せつけまくってたけど、ちゃらんぽらんにやってるわけじゃない。ボールをとられたらがむしゃらに奪い返そうとする。

よくフィジカルで劣る日本は組織プレーを磨くべきだって言われるけど、もしかしたらこれが日本の目指すべき方向なんじゃないかと思った。日本人は繊細で器用だからテクニックをひたすら磨けば良いんじゃないかな?まあこの域まで辿り着くのに100年くらいかかるかもしれないけど、そうなったら楽しいだろうな。
日本が目指してるサッカーって「相手よりもたくさん走って勝つ」サッカーだもんね。それじゃ、ちょっと面白くないよなあ。どうせ南米やヨーロッパにはずいぶん遅れをとってるんだから、楽しいサッカー目指してほしい。・・って言うのはお気楽だけど。

でもって試合ですが、結果は3-0でアルゼンチンの大勝でした。終盤審判がでしゃばったのがちょっと残念ですが、両チームに敬意を表して試合結果どうこうじゃなくて誰が一番のファンタジスタかを決めたいと思います。

まず無視できないのが2ゴールのアグエロ。そういえばテBSの実況で言ってたけどアグエロってマラドーナの娘と結婚したらしいね。スポーツ界にも政略結婚とかあるのか?

次にメッシ。周りからひんしゅく買うんじゃないかってくらパス出さずにドリブル勝負。

で忘れちゃいけないのがリケルメ。誰よりも落ち着き払って堂々としてた。オーバーエイジの役割を見事果たした。

んんん。悩むけどやっぱり序盤の貫禄が相当インパクトあったのでリケルメが一等賞!北京オリンピックの金メダルに輝きました。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages

Profile CHANNELFOOTBALL

管理人

このブログは映画ランキングサイトCHANNELCINEMA.COMの管理人のサッカーブログです。
管理人プロフィール
HN:ドミノ
性別:男性
住所:東京都→京都府
職業:会社員(営業)
好きなスポーツ:サッカー
好きなチーム:浦和レッズ
好きな選手:三浦知良、ポンテ
好きな映画:グランブルー
好きなバンド:THE BLUE HEARTS
好きな俳優:寺島進、大泉洋
好きなTV:水曜どうでしょう
好きなマンガ:花男、じみへん
好きな動物:サイ、ホホジロザメ
好きな小説家:宮本輝
好きな食べ物:じゃがいも

みなさまのコメントお待ちしてます!!