2012年ハワイ旅行のブログ記事

日程:2012年2月24日(金)〜2月27日(月)
為替レート:1ドル=約80円
航空会社:日本航空

日程
2月24日(金)
17時00分 大阪でセミナー受講後、関西国際空港へ
21時25分 JAL JL078便。関西国際空港発
日付変更線をまたぐ
(朝)9時30分 ホノルル国際空港着
成田発の友人T沢と合流。新郎T郎の出迎えを受けホノルルのハイアットリージェンシーホテルへ。
どういう手違いか、最上階のVIPルームへチェックイン!
15時30分 ホエールウォッチングとは名ばかりのクルージングに参加
19時00分 ワイキキのレストランで夕食
夕食後、新郎T郎と合流し3人でバーへ。

2月25日(土)
6時30分 早朝散歩。ダイヤモンドヘッド近くまで散歩。
ホテル近くのレストランで朝食後。結婚式へ。
12時 結婚式
15時 ホテルに戻ってからワイキキビーチへ。ビーチでのんびり。
19時 新郎新婦親族と一緒にステーキディナー
22時頃〜26時半頃 新郎新婦、新婦友人を含めて部屋で小飲み会。

2月26日(日)
5時30分 起床。タクシーでダイヤモンドヘッドへ。
ダイヤモンドヘッドで日の出鑑賞。ついでにお笑いコンビチュートリアルと遭遇。
9時00分 ホテルのVIP用ラウンジで朝食。
10時 タクシーでホノルル国際空港へ。
13時00分 JAL航空JL077便。ホノルル国際空港発

日付変更線をまたぐ

2月27日(月)
18時00分 関西国際空港着
乗り合いタクシーで21時頃自宅着。怒濤の2泊4日ハワイ旅行。短かったけど充実してました!

友人T郎がハワイの結婚式に呼んでくれました。なんと飛行機代、ホテル代も負担してくれるとのこと。タダでワイハーに行けるなんて、こんなチャンス滅多にあるもんじゃない。
会社を休めるかちょっと不安だったけど、これまた運が良いことに今年から有給消化促進のために冬休みとして2日の有給を強制取得することになったので、これを活用して無事挙式参列決定!

21時25分関空発のフライトだったから19時半には関空に着きたいところ。
ウチの会社(京都)は18時退社だからいつもなら19時半関空着は無理なんだけど、これまたラッキーなことに出発日は大阪でセミナーに参加でした。セミナーから直帰にすれば関空には余裕で間に合う。

ということで、19時前に関空到着。
webチェックイン済みだったので、カウンターで荷物をさくっと預けてスムーズに出国手続きも完了。関空に着いてからわずか10分ちょっとで出国出来ました。

国際線の出国エリアにとっても便利な施設があります。
30分あたりわずか500円で利用出来るラウンジKIX REFRESH CABINです。
フリードリンク、マッサージチェアそしてシャワーが使えます。シャワーはタオルも借りられる。
セミナーから直帰で空港に来たので、シャワーを浴びてスーツからリラックスした服に着替えられるのはありがたい!

関空のKIX REFRESH CABIN
関空のKIX REFRESH CABIN

シャワー浴びて、ドリンクを飲んでちょっとゆっくりしてちょうど30分。キャンペーン中だったから10%オフで450円!なんて素晴らしい施設なんだって感動したんだけど、他にお客さんは誰もいない。あまりに嬉しかったからレジで、
「ココ凄く良いですね。でも空いてますね?シーズンオフだからですか?」
って聞いてみたら、どうやら2カ所ある出国ゲートの間にあるから、ちょうどお客様の流れに取り残されてる場所でなかなか存在に気付いてもらえないらしい。
僕はここの回し者でもなんでもないけど、ほんとに良い施設なので、出国前にリフレッシュしたい方は是非!

シャワーを浴びてすっきりした後は免税店などで時間をつぶして、いよいよ9時前に搭乗。
今回のフライトはJAL。
経営破綻でイメージ良くなかったけど、今回利用してみてかなり頑張ってるなーって感じました。
席に付いてるフットレストが快適だったし、朝食の時間帯はほとんどの人が寝ている時間(日本時間の真夜中)なので、お好きな時にどうぞって夕食直後にすぐに配ってくれる気遣いも嬉しかったな。

そしてその機内食も結構美味しかった。中でも一番嬉しかったのが、デザートに堂島ロールが出たこと!一度食べてみたかったんだよねー。こういうの嬉しいなー。

堂島ロール出た!
堂島ロール出た!

ところで、ハワイ線というのは揺れが激しくなることが多いらしいですね。
僕は今まで飛行機に100回くらい乗ってるけど、今回のハワイ行きのフライトが一番揺れました。機内では女性客が
「キャー」
とか悲鳴を上げるし、CAが
「お客さま!お座りください!」
って叫んでる・・。
ちょっと怖くなって冷や汗が出て、乗り物酔いみたいにもなりました。

と言っても揺れたのは15分くらいだったかな。ハワイに着いたらまた金曜日が始まるので、できるだけ寝なくてはということで、ブラッド・ピットのマネーボール(駄作)を観てから揺れを無視して無理矢理寝ました。

ホノルルの空港に着いて、厳重な入国審査を経て荷物をピックアップ。制限区域を出たところで前日にハワイ入りしているT郎と待ち合わせすることになってました。
制限区域を出るとなんともう建物の外。いわゆる一般区域は屋外でした。
しばらく待っているとT郎がやって来た。海外での待ち合わせって妙に嬉しい。まあ久しぶりに会ったっていうのもあるんだろうけど。
二人でしばらく待っていると成田発のT沢も到着。何故か団体客向けの出口から出ちゃったみたい。さらに先に着いていたT郎のお父さんとも合流してT郎のレンタカーでワイキキへ。

一般区は屋外でした
一般区は屋外でした

2月とはいえ、やはりさすがにハワイ。常夏の国です。さっきまで真冬の大阪でセミナー受けてたなんて信じられない。どんどんテンションが上がります。
ワイキキに着いてHyatt Regency Waikikiへチェックイン。
T沢が冗談で「ハネムーンなんだ」
と言うとフロントの女性が満面の笑みで
「コングラッチュレーション!」
このやりとりが後々効いてくることに・・。
アーリーチェックイン可能か聞いてみると、最初は部屋が空いていなかったようだったけど、僕とT沢の部屋は可能になったとのこと。

渡されたルームキー番号は4051。
みんなで
「40階だったりしてね。」
と冗談を言いながらエレベーターへ。
エレベーターに乗ると、どうやら4051はホントに40階のようだ。
しかも40階は最上階!36階以上はルームキーを差し込まないとエレベーターのボタンも押せない仕組み。こ、これは、随分と良い部屋なんじゃないでしょうか。
部屋に入るとどどーんとでっかいダブルベッド。
・・・ダブルベッド。マットレスも掛け布団も一つ。ここで僕とT沢は寝るのか・・。
いや、凄く良い部屋だけど、ダブルベッドは参るなあ。
ベッドはさておきベランダへ出てみる。とてつもなくいい景色!
・・・だけどシティービューだ。エメラルドグリーンの海はみじんも見えない。
まあ、ハワイチックな山々が見えるから良しとしよう。

(シティービューだけど)最上階!
(シティービューだけど)最上階!

とりあえず、ダブルベッドだけはなんとかならんかと思って、フロントに交渉。たどたどしい英語で尋ねてみると流暢な日本語が返って来た。さすがハワイ。ハワイはかなりの確率で日本語が通じます。
ダブルベッドをなんとか、シングル二つに代えられないか交渉。
PC端末を叩いたフロントのおじさんが、ちょっと怪訝そうな顔をして
「このお部屋はVIPルームなんですよね・・・」
この若造二人が何故VIPルームに宿泊してるのか不思議らしい。
「お二人のお名前を教えていただけますか?」
二人とも名前を告げると、なにやら端末に打ち込んでいる。
どうやら僕等二人がVIPかどうか確認してるみたい。
改めて怪訝な顔。どうやらVIPリストに僕等の名前が無かったらしい。
そりゃそうだ。あるわけない。ただのサラリーマンだもの。
ともあれ、この部屋に宿泊している理由が分からないからって追い出すわけにもいかないと諦めたのか、ベッドを検討し始めてくれました。
ウーンとちょっと考えてから、
「では、簡易ベッドを一つご用意します。本当は1泊75ドルなんですが、無料でお貸し出しします」
おおー!なんなんだこのVIP待遇は。

どうしてこんな待遇を受けられるのか考えてみたけど、理由が全く思い浮かばない。T郎の奥さんがハイアットのオフィシャルサイトで予約してくれたみたいなんだけど、だからって最上階のVIPルームになるわけない。

・・とすると考えられるのは一つ。
チェックインの時のT沢の
「ハネムーンなんだ」
という冗談で、空いているVIPルームをアーリーチェックインで都合してくれたとしか思えない。いやーラッキーだなー。

ホテルにチェックインした後、ホテル近くのカフェでT沢、T郎、T郎の親父さんとランチ。大味なサンドイッチと大味なエナジードリンク。とりたてて美味しいわけじゃないけどアメリカンのイメージ通りで、これはこれでアメリカに旅行してるっていう感じでイイ。

ランチを食べた後は早速水着に着替えてホテルの目の前のワイキキビーチへ。
めちゃくちゃ有名でベタなビーチだからあんまり期待していなかったけど、思ったよりキレイなビーチでした。驚いたのは砂浜の幅がとても狭く、道路と波打ち際までの間が20mくらいしかないこと。津波とまでいかなくても台風とかで海が時化たらワイキキの街は水浸しになるんじゃないでしょうか。

T沢と野郎二人でビーチで戯れる。ワイキキビーチは結構な人出だったけど、いわゆる海水浴をしているのは僕等と小さな子供くらいだ。たいていはビーチでのんびりしてるか、海に入る人はサーフィンをしてる人ばかり。

海に入って10mくらい進むと、左手にかの有名なダイヤモンドヘッドが現れた。
おお!これぞハワイ。2月に海水浴。いいねー。

ワイキキビーチ!
ワイキキビーチ!

しばらくビーチで遊んだ後、ハワイ滞在一番のハイライトイベントへ。
(あ、いや一番のハイライトは結婚式だから、二番目ですな。失敬。)
冬のハワイの見どころと言えば、クジラですよクジラ。

クジラとかサメとかでっかい海洋生物が大好きな僕はこのチャンスを逃すまいと、自由時間がほんの少ししかない今回の旅行だけど、しっかりとホエールウォッチングを予約して来たのです。

ホエールウォッチングは高知で経験済みだけど、ワイハで見られるクジラはザトウクジラ。スパイホップとかブリーチングとかしちゃうあのザトウクジラ。
是非ともご挨拶したい次第です。
新郎のT郎は式の準備などがあるので、T沢と二人で参加することに。

ワイキキからビーチを30分くらい歩いてホエールウォッチングの集合場所であるヒルトンホテルへ。
集合場所で予約票を見せると乗船券をくれました。
もうすぐ出航するからしばしここで待てと言う。
他のお客さんは20人くらいで半分が日本人。ちょっと違和感があったのが、インターネットで予約した時はクジラの写真がばんばん使われていて、
「ホエールウォッチングクルーズ」というツアー名だったんだけど、チケットは単なるクルージングと書いてある。
チケットにもクジラの写真は一つもない。
あやしい・・・。

いや実は、もともと怪しかったんです。乗船時間はたった1時間だし、一人当たり49ドルの参加料が二人で参加すると一人分無料というとんでもない値引きシステムだったし。
ネットの口コミでも、「単なるクルージングだった」という不満の書き込みもあった。
でも、「近くでクジラを見られて最高だった」という書き込みもいくつかあったので、それに賭けたんです。時間的に参加出来るホエールウォッチングはこれだけだったし。
・・・結論から言えば、賭けに負けました。ホントに単なるクルージングでした。

割とゴージャスな帆船で沖まで出て戻ってくるだけ、日本語が話せるスタッフがクジラを見つけたら教えてくれるってことだったけど、彼らは探す気ゼロ。
お客さんが必至に探して、めちゃくちゃ遠くのクジラが潮吹きしているのを発見。
スタッフは「あーいるねー」ってニコニコしてるだけで、クジラに近づく気もゼロ。
遠いって、ホントに遠いんですよ。多分2,3kmくらい先でした。

遠くに潮吹き発見(この写真には写ってません)
遠くに潮吹き発見(この写真には写ってません)

僕はかなり期待しちゃってたからガッカリだったけど、何の期待もしていなかったT沢はのんびりクルージングできてかなりご満悦だったよう。
まあそうね。この真冬にワイハでクルージングなんてそうそう出来ることじゃないから良しとするか・・・。

ちなみにこの時期は約15000頭のクジラがハワイの近海にいるそうです。普通のホエールウォッチングならたいていはちゃんと見ることが出来るようですよ。
クジラが見たいならヒルトン発の激安ツアーは避けましょう。

ホエールウォッチングとは名ばかりの単なるクルージングから戻ってシャワーを浴びてから夕食へ。
新婦の友人が一人で来ているということなので、合流して3人でワイキキのレストランで食事。ハワイ名物のロコモコ(海鮮版)をいただきました。

海鮮版ロコモコ
海鮮版ロコモコ

ハワイ2日目。
昨晩は12時過ぎまでT沢とT郎の3人で飲んで寝たのは1時過ぎだったけど、頑張って早く起きました。
同部屋のT沢はランニングが趣味だから、早朝のワイキキを走ってみたいとのこと。
僕は走らないけど、せっかくなので散歩してみようってことでT沢に合わせて一緒に起きました。

早朝のワイキキ。部屋からの眺め
早朝のワイキキ。部屋からの眺め

6時半頃ホテルを出ると既に通りには人がいっぱい。ランニングしたり散歩したり。
その多くは日本人です。
T沢と9時頃にホテルに戻る約束をして、お互い思うがままに行動。
昨日はワイキキのビーチを西に歩いたので、今日は東のダイヤモンドヘッドの方向に歩いてみました。
ALOHA WAIKIKI!
ALOHA WAIKIKI!

朝のワイキキは結構肌寒いって聞いてたけど、全然寒く感じなかったな。ちょうどいい気温と湿度という感じ。
最高に気持ちが良い。
大きな公園を通り抜けるとダイヤモンドヘッドの麓に着きました。

ダイヤモンドヘッド
ダイヤモンドヘッド

気持ちのいい公園
気持ちのいい公園

ダイヤモンドヘッドをぐるっと回って帰ろうと思ったけど、どう考えても時間が足りない。
時計を見るともう8時半。
相当急がなきゃ9時になんか戻れっこない。
慌てて引き返すと、現地の路線バスその名も「The Bus」を発見。
どうやら始発のバス停らしい。
ハイアットの近くを通るということだったので、乗ることにしました。
料金は2.5ドル。
細かいのが無かったから10ドル札を差し出すと、お釣りが無いとのこと。
困っていると運転手さんが
「じゃあ2ドルはある?」
と聞いてきたのであるよと答えると、2ドルで良いってことになりました。
どうもありがとう!
細かいのが無いせいで乗れなくならなくて良かった。
帰りはズルしてバスに乗車
帰りはズルしてバスに乗車

朝の散歩から戻って、朝食を食べに外へ。
カラカウア通りとかにたくさん置かれている現地観光案内パンフに載っていたロコモコで有名だというお店を目指す。
10分程歩いてお店に到着。雰囲気はちょっと寂れたファミレスという感じ。
お店の前に置かれているメニューを見ると完全日本語対応。店内をちらっと覗いた感じだと日本人率100%。
ワイキキに日本人が多いのは分かりきっていることだし、日本人が多いからって今更がっかりもしないんだけど、さすがにメニューもお客も「完全に日本」だとせっかくハワイに来ている意味が無くなっちゃう気がしたので、ここに入るのは中止。

来る途中で見かけたハリウッド映画に出て来そうなチープな感じのアメリカンなレストランに戻ることにしました。
朝食時ということもあってこのお店も大繁盛。運良くほとんど待たずに入れたけど、僕たちが入った後は常時10人くらいの列が出来ている感じの人気店でした。
さっきのお店から歩いて5分もかからないのに、何故かこのお店には日本人は皆無。あれだけ多くの日本人がワイキキに来ているのに、みんなガイドブックや観光案内パンフに載っているお店にしか行かないのかな??
ちなみにメニューも日本語対応じゃない。この辺も日本人を遠ざけている一因なんだろうか。

まあおかげで僕たちはアメリカ合衆国に来ていることをひしひしと実感出来て良かったです。
T沢はラージサイズの卵を五個使っていると言うビッグダディオムレツを注文。僕は普通サイズのオムレツにココナッツミルクがかかったパンケーキのセット。
いずれもジャンクな感じで繊細さのかけらも無い味だったけど、それがまたアメリカンで良し。
とにかく質より量。しょっぱいものと甘いものでお腹が満たされればなんでも良しとするのがアメリカ流だと思うわけです。

食事中に降っていたスコールもすっかり上がったので、アメリカンブレックファーストを満喫した僕たちはホテルに戻って結婚式参列の準備にとりかかることにしました。

今回の旅行のメインイベント。
友人T郎の結婚式参列です。
ワイキキの中心地から車で10分くらいのところにあるセントラル・ユニオン教会で挙式です。

セントラル・ユニオン教会
セントラル・ユニオン教会

新婦の弟さんが運転してくれた車で教会に到着。
しばらくすると新郎新婦がオスカーの授賞式とかで見るようなに長ーいリムジンカーで登場。
リムジンカー
リムジンカー

中はこんな感じになってます
中はこんな感じになってます

教会に全員が揃うとまず新郎新婦は神父さん(牧師かな?)の説法を聞きます。
その間我々親族・友人は教会の椅子に座って待機。
説法が終わると結婚式の練習をします。
練習と言ってもほぼ本番通りに行います。
本番の挙式では撮影は一切禁止なので、この練習の時に撮影します。
専属カメラマンも本番の時は撮影出来ないって言うのが神聖で良いな。
本当に大切なものは写真じゃなくて脳裏に焼き付けるべし。

パイプオルガンと賛美歌も感動したなー。
パイプオルガンの演奏者も賛美歌を歌う人も70歳くらいのおばあちゃんなのにもの凄い迫力でした。
式そのものは15分くらいで終了。

その後、芝生の庭でウクレレとフラダンスの祝福がありました。
これがまた良いんですよ。
穏やかなハワイの気候の中で見るフラダンス。
そして参列者全員で一緒になってフラダンスを踊りました。途中で長渕剛の「乾杯」ハワイアンバージョンも歌ってくれたけど、これも良かったなー。長渕の歌がウクレレによってこんなにもマイルドな歌になるんだなー。

夢中で踊ったからすっかり写真を撮るのを忘れました・・・。
まあいいか。
本当に大切なものは写真じゃなくて脳裏に焼き付けるべしってことだな。
T郎、K子さん、末永く押し合わせにー!

結婚式から戻ると15時前。夕食はみんなで一緒に食べることになっていたから、これからどこかへ遊びに行くといってもちょっと時間が足りないので、ホテル前のビーチでT沢と二人でのんびり過ごすことに。

まあ、のんびりって言っても結局はビーチで爆睡しただけですけど。
目を覚ますと西日になっていたので、いったんホテルに戻って着替えるとホテルの前でフラダンスショーが開催されていたので見物。

大人の女性だけじゃなくて、子供達や男性も踊ったりします。
この旅行でフラダンスショーを是非とも見ておきたいと思っていたのでタイミング良く見られて良かったなー。クジラは残念な結果に終わっただけにこちらはしっかり見ておきました。

フラダンスショー
フラダンスショー

子供達も踊ります
子供達も踊ります

その後新郎新婦の親族達と夕食。T沢や新婦の友人も含めて、みなさん上品でエレガントな雰囲気でした。いかにモリジブの海が素晴らしいかという話題で盛り上がったり、当然のように英語が話せたり。
こういうの憧れるなー。将来ああいう感じになっていられたらいいな。

僕たちの部屋が何故かVIPルームだったという話題になって、夕食後は新郎新婦と友人3人で集まってVIPルームで飲み会になりました。
シティビューながらも40階から見下ろすワイキキの夜景にみんな感動。
あらためてやっぱり良い部屋に泊まってるんだなーって感じましたね。

部屋の電話にメッセージが入っていることを新婦が気付いてくれて、メッセージを聞いてみると、なんと朝食無しだと思っていたのにVIPラウンジで朝食をとれるとのこと!
そんなこととはつゆ知らず、今朝は外で食べちゃいましたよ。もったいない。
でも明日の朝食の前に気がついただけでも良いか。
VIPラウンジかー、ちょっと楽しみ。
・・それにしてもなんで僕達がVIPなんだか。

ハワイ旅行最終日。早くも今日のお昼には飛行機に乗らなくちゃいけない。
午前中何をするか全く考えていなかったけど、昨日の夜中に観光パンフを見ていたら面白そうなものをツアーを発見。

ダイヤモンドヘッドで日の出を見るツアー!
早朝出発で8時くらいにはホテルに戻るらしい。
これなら帰りの飛行機にも充分間に合う遊びだ。T沢もそこそこ乗り気。
よし!これにしよう!って思ったのが夜中の2時。
ツアー概要によると朝の5時半頃にホテルに迎えに来てくれるらしい。
申し込みは前日の18時までとある。そりゃあそうか・・・。

でもツアーって言ってもすぐそこに見えているダイヤモンドヘッドに連れて行ってくれるだけで、登るのは結局自分なんだから、わざわざツアーに参加しなくても自力で行けるだろうってことで、とにかく5時半に起きました。
ホテルの玄関でタクシーを拾って行き先を告げる。早朝料金とかもあるだろうからいったいいくらくらいかかるのか、見当もつかなかったけど途方も無い金額にはならないでしょう。ちゃんとメーターも回してくれてるし。

結局15分くらいで到着。11ドル。入口で入山料1ドルを払います。
ツアーだと30ドルだか40ドルだかだったので全然こっちのほうがお得だ。

ダイヤモンドヘッドの入口
ダイヤモンドヘッドの入口

まだかなり暗いけど登山開始。登山と言っても舗道が整備されているので、多少薄暗くても危険な感じはありません。
ダイヤモンドヘッドは正式にはダイヤモンドヘッドクレーターと言うそうです。クレーターと聞いて、その昔隕石が衝突したのかな?って思ったけど、そうじゃなくて噴火の跡なんだそうな。噴火口のこともクレーターって言うんですね。

登り始めて20分くらいでいい景色が広がり始めます。空もだんだん明るくなって来た。

オアフの朝焼け
オアフの朝焼け

30分位で頂上に到着!暑くも寒くもなく最高のコンディションだったせいか、心地よい散歩という感じで全く辛くなかったです。

頂上は激混み
頂上は激混み

ツアーが組まれてるだけあって、頂上はもの凄い人混み。頂上じゃなくてもいい景色は見られるんだけど、とりあえずいったん頂上まで行ってみようということで登ってみると日本のテレビ局が撮影をしていてそれで大騒ぎになっていました。タレントはチュートリアル、村上ショージ他。一応ミーハーに写真撮っておいたけど、肖像権とかありそうだからアップは止めておきます。
徳井さんなんだかお疲れのようでしたね。福田さんは明るく頑張ってたけど。

まあチュートリアルには僕もT沢も特に関心がない。肝心なのは日の出!
残念ながらちょっと曇っていたんだけど、雲の切れ間からお日様が少しだけ姿を現してくれました。

ダイヤモンドヘッドから見る日の出
ダイヤモンドヘッドから見る日の出

おおっーって感動していると、チュートリアルの福田さんが興奮して
「出たでー!徳井!見てみろ!ほらー」
って大騒ぎ。でも徳井さんはあっそ、って感じだったな(笑)
頂上から見たワイキキ
頂上から見たワイキキ

しばらく頂上付近でゆっくりしてから下山。
登山口近くのバス停でいつ来るかも分からないバスを待っていると、運良くタクシーが通りかかったので、帰りもタクシーに乗って帰りました。

思いつきで行って見た割にはかなり楽しかったです。
ワイハー最高!アロハー。

VIPラウンジで朝食を
VIPラウンジで朝食を
ダイヤモンドヘッドから戻ってホテルで朝食。 昨日の夜に知ったんだけど、僕たちはどうやらVIPラウンジで朝食がとれるらしい。理由は分からないんだけど、とにかく食べさせてくれるというのでVIPラウンジに行きました。

朝食メニューはコンチネンタルブレックファーストだったから、豪華という感じじゃないんだけど、かなりの上品さを感じましたね。

ラウンジのバルコニーに出てのんびり海を見ながら朝食。
なんなのよこのブルジョア感は。
だけど、今回の旅行はあくまでT郎が招待してくれたもの。
早く自力でこういうリッチな旅行が出来るようになりたいなー。

朝食を食べてちょっとゆっくりしたらもう出発時間。
新郎新婦に別れを告げてタクシーで空港へ。ホテルでタクシーを呼んでもらった時もコンシェルジュがタクシークーポンみたいなものをくれて定額(30ドルくらいだったかな?)で空港まで行けました。
ホントに至れり尽くせりだったなー。ハイアットは僕たちを誰かと間違えてたんじゃないかな(笑)

T沢は成田。僕は関空へ向かうので空港でT沢とお別れ。
搭乗までコーヒーでも飲んでゆっくりしようとして入ったお店は、がっつり食事を出すお店で急遽ごっついハワイアンバーガーを食べることになってしまいました。
さっき朝食食べたばかりなのに。
ポテト大好きなのに、ポテトはほとんど残してしまいました・・・
2泊4日の強行軍だったけど、最後の最後までハワイを満喫出来て楽しかった!

特大ハワイアンバーガー
特大ハワイアンバーガー

ハワイ(ワイキキ)旅行の写真。
撮影地:オアフ島ホノルル

ハイアットリージェンシーのロビー
ハイアットリージェンシーのロビー

ダイヤモンドヘッド
ダイヤモンドヘッド

ワイキキの朝
ワイキキの朝

ワイキキの朝その2
ワイキキの朝その2

気持ちが良い公園
気持ちが良い公園

ダイヤモンドヘッドから見る日の出
ダイヤモンドヘッドから見る日の出

フラダンスショー
フラダンスショー

 1  |  2  | All pages

Profile CHANNELTRAVEL

管理人

このブログは映画ランキングサイトCHANNELCINEMA.COMの管理人の旅行記のブログです。

HN:ドミノ
住所:京都府
これまでの訪問国(都市)

★ヨーロッパ
【ドイツ】
(デュッセルドルフ、ボン、ケルン、フランクフルト、ニュルンベルク、ブレーメン、ハンブルク、ドルトムント、ボーフム)
【オランダ】
(アムステルダム)
【ベルギー】
(ブリュッセル)
【ルクセンブルク】
(ルクセンブルク)
【デンマーク】
(コペンハーゲン)
【スウェーデン】
(マルメ)
【ノルウェー】
(トロムソ)
【イギリス】
(マンチェスター)
【ポルトガル】
(リスボン、カスカイス、シントラ、ポルト)
【イタリア】
(ローマ、ポンペイ、フィレンツェ、シエナ)
【ヴァチカン市国】
(ヴァチカン)
【スペイン】
(バルセロナ、クエンカ、マドリッド)
【ギリシャ】
(アテネ、サントリーニ島、メテオラ)
【マルタ】
(ヴァレッタ、イムディーナ、マルサシュロック、スリーシティーズ))

★中東
【ヨルダン】
(アンマン、ペトラ、ワディラム、死海)
【イスラエル】
(エルサレム)
【パレスチナ自治区】
(ベツレヘム)
【アラブ首長国連邦】
(ドバイ)

★アジア・太平洋
【北マリアナ諸島】
(サイパン島)
【タイ】
(バンコク、プーケット、ピピ島)
【マレーシア】
(クアラルンプール、ジョホールバル)
【カンボジア】
(シェムリアップ)
【韓国】
(ソウル)
【ラオス】
(ルアンパバン)
【ベトナム】
(ハノイ、ハロン湾)

★アフリカ
【ケニア】
(ナイロビ、マサイマラ、アンボセリ)

★北米
【アメリカ合衆国】
(ホノルル)

★南米
【ペルー】
(リマ、イカ(ナスカ)、クスコ、マチュピチュ)

Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.