八日目の蝉

監督:

成島出

原作:

角田光代

製作:

2011年

ジャンル:

時間:

147分

○こういう母親というか母性というか必死になっている姿を見るととても心がうたれます。16/FEB
(fantasyさん:10代、男性)

○映像美が素晴らしい
母と娘の関係が哀しいほど伝わる
実の母との対峙が井上真央の演技力で魅せられる15/JUN
(REIKOさん:10代、女性)

○ものすごく感動しました。井上真央さんの演技がすごかったです!14/DEC
(マリさん:40代、女性)

○Inoue Mao and Keiko Kitagawa were versatile actresses. Hoping for more dramas and movies for both of them. 14/NOV
(Miyakaさん:20代、女性)

○永作博美さんの演技は泣けました。僕も若い頃、離婚して5歳の女の子と別れ、会うことも出来ないまま、25年が過ぎました。今でも娘のことは一日でも忘れたことはありません。
この映画をたまたまテレビで見ました。僕は別れた娘を想い、号泣きしました。
風の便りでは娘も結婚して子供ができ、幸せに暮らしていると聞きています。僕も老いが進む中で、いろいろ忘れ去っていくことが増えてきましたが、子供の小さかった頃の笑顔は鮮明に覚えています。この映画で自分の情けなさを思い知らされた、心に残る映画です。14/APR
(トシ イシバさん:50代、男性)

○あまりに切なくて号泣しました。
永作博美さんが抜群に良かった。14/MAR
(koさん:40代、男性)

○最後の別れのシーンは本当に胸を打たれました。14/FEB
(マスターさん:10代、男性)

○井上真央さん映画の作品は全て観てます。
特に、八日目の蝉は真央ちゃんが女優として
開眼した映画だと思います。
薫を繊細にしなやかに演じて感動しました。
僕の初恋をキミに捧ぐは完璧な可愛さでしたね。これからどんな成長をしていくのか本当に楽しみな女優さんです。13/DEC
(せんさん:30代、女性)

○一番泣きました。
本当の幸せとは何か考えてさせられました。
子供への純粋な愛情が引き裂かれて、二度と戻れなくなってしまうことにやり切れない思いで13/NOV
(けんたさん:30代、男性)

○子役の渡邊このみちゃんの愛らしさに引き込まれました。別れのシーンでは涙が止まりませんでした。13/OCT
(ツーカーさん:60代、男性)

○何が正しくて、何が悪なのか、わかっているのですが、価値観が逆転してしまう映画です。
すごいですね。13/AUG
(mashcorazonさん:50代、男性)

○母性を扱った映画ということでしたが、正義と悪が明白なのに、何が正義で何が悪なのか考えさせる一作でした。
PTSDとはこういうことなのです。13/JUL
(mashcorazonさん:50代、男性)

○どの作品でも感じるのは、架空の人物のはずが、現実に生きているかのような思いにさせしまう程の演技力、素晴らしいと思います。
これからもたくさん作品を観たいです。13/JUN
(ますみんさん:40代、女性)

○いつ見ても新鮮さがあっていいと思います。
どの作品(テレビドラマ)でも続編が見たいと思わせてくれる役へのはまり方が凄いと思います。13/JUN
(花火さん:40代、女性)

○ドラマより映画のほうがよかった。13/JUN
(きたさん:30代、女性)

○すごい感動するし、涙あふれました、
さすがというか、みなさんの迫真の演技がすごかったです。13/MAR
(Mr.井上真央さん:10代、男性)

○マジツラい…泣き−ドラマも泣きます!13/MAR
(LAWSONゆきさん:40代、女性)

○実の子供じゃない誘拐した女の子を育てて最終的には捕まってしまうけどそこまでの物語が面白いし感動。最後はとても泣けました12/DEC
(きゃんしーさん:10代、女性)

○出演者のみなさんの演技が素晴らしかったです。
特に、主演の井上真央さん、永作博美さんの溢れんばかりの母性や愛情に、最後は涙が止まりませんでした。12/OCT
(桃さん:20代、女性)

○個人的な感想ですが、小説等を映画化したものは、時間の制限がある為、どうしても細かな描写など、大事な部分が省略されていたり、展開が速すぎたりで、不満の残る作品が多いと感じていまます。しかしこの映画は、短い時間の中でしっかりと物語の内容を素晴らしく凝縮しており、まだまだ若造の私ではありますが、今まで見た映画の中で、断トツに感動しました。この映画は、女性や子持ちの方が最も共感できるのかもしれません。私も初めは、映画のあらすじを見て、少し固いイメージがあり、レンタルするのをやめましたが、知人の勧めで最近鑑賞したところ、決して涙もろい人間ではない私ですが、自然と涙が溢れ、止まりませんでした。そして何よりも、見終わった後に、とても心が穏やかな感覚に包まれました。いろいろと考えさせられる部分もありますので、できれば何回もみて、物語に入り込んでください。私は、すべての世代の方に、大切な人を愛することの素晴らしさと、今まで自分を愛してくれていた人、または現在愛してくれている人へのありがたみを感じることのできる、究極の作品であると思います。12/JUN
(POYONさん:20代、男性)

○誘拐犯でありながら、実の母以上の愛情で
子供と生活していく様子がとても感動でした。12/MAR
(KENSさん:40代、男性)

○中島美嘉の曲がマッチしていて、号泣しました。
写真館で、自分のこと、を愛していて、くれていたこと、を思い出して、愛するということがどういうことなのか、考えさせられた。12/MAR
(かすかさん:40代、女性)

○本もNHKのドラマも映画もすべて見て、すべて大泣きしました。特に感動するのは、希和子がつかまるとき、「この子は、この子はまだ朝ごはんを食べていないんです!」と叫ぶところです。私はその言葉に驚きました。子供に深い愛情を持つ“本当のお母さん”だと感じました。
もちろん誘拐はしてはいけないことだし罰せられて当然ですが、不倫をした男性にも奥さんにも非はあります。私は恵理菜が家に戻ってから、実の母親・父親はもっと恵理菜の気持ちを考えてやるべきだったと思います。もちろん、とても難しいことです。でも、子供が一番傷ついているのですから。
母親とは・・・と考えさせられる作品です。2歳の子供がいる私には、深くずっしりときました。永作博美さんの表情が、またとてもよかったです。
心に残るすばらしい作品です。12/JAN
(セミさん:30代、女性)

○久しぶりにマヂで泣けます!!つらい!でもそれぞれの気持ちが痛いほど伝わるような…こどもに対する愛情の深さを学びました。映画を見終わったあと、2歳の娘が愛しくて愛しくてハンパない。11/OCT
(チェキさん:30代、男性)

×描くのが難しい内容でしたね。伝えたいことが多いのでまとまりきらず最後が無理やり終わらせた感じがして惜しいなというところです。役者さんのクオリティ高く見ごたえはあったと思います。13/NOV
(anpnさん:20代、女性)

enquete

この映画が:

好き  嫌い

あなたのお名前:

あなたの性別:

男性  女性

あなたの年令:

この映画に対するコメント

(できるだけ具体的にあなたの思いをお聞かせいただけると嬉しいです。)